スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM108静岡200km いちご

170108-00.jpg
170108-01.jpg
あけましておめでとうございます。 この記事の前に1つ走っている気もしますが、正月明けの静岡ブルベのことを静岡詣と言うと教えてもらったことがあって、こういう書き出しとした。 私にとっては、島田市大代のジャンボ干支を撮影することが恒例となっている。昨年に募金箱の存在を確認したので、今年は昨年の分と合わせた気持ちを入れた。来年も見に来れますようにと。


170108-02.jpg
写真の右側に写っている人はタンデムで参加してて、この後の上りで2・3話をしたところ、関東からの参加でPBPもコレで走ったことがあるとのこと。狭い業界なのでツテを辿ればどなたか名前は分かるだろう。 この自転車に興味を持った部分は、後のディスクブレーキはディスク径が大きく、前のブレーキはディスクじゃない=カンチブレーキだそうで、前後のブレーキバランスやトータルの制動力でいろいろと聞きたいことがあるが、中部に来てよと誘うには関東からだと交通の便がイマイチそうだなと。


今回のブルベでは、メイドさんジャージが私を含めて3人出走+地元から応援冷やかしが2人と、これまでにない人数となった。出走者はそれぞれ出走時間がバラけたので集合写真をとることは無かったが、地元からの応援の人にいちご海岸の売店情報を聞く。 お好み焼きや、焼きそばといった粉物料理は無いらしく、久能山の麓の土産物屋には一般的な軽食(うどん等?)は有りそうとのこと。静岡にいちごパスタは無いらしい。名古屋と栃木と伊豆(10年前)には有ったらしい。

PC1で「一平ちゃん ショートケーキ味」を探すも見つからない。これをいちご海岸まで持って行って、いちごを載せていちごパスタにする計画は終了した。 次に面白いことはないかと考え、近畿の参加者で200kmブルベを100円以内でゴールした人を思い出して、真似をしようと駄菓子コーナーに向かう。 ”チロルチョコは20円もして高い! 5円チョコは無さそうだ・・・” と物色し、カルパス(16kcal)を購入する。 ここはスタートして約30km地点のコンビニPCのため、カルパスの味に特別な印象は無い。

































さて、手持ちの補給食はコレ
119kcal ソイジョイクリスピー ミックスベリー味
180kcal ウィダーインエネルギー
194kcal 朝バナナ
 0kcal 綾鷹525ml


200kmを走るには心もとない食料だがやるしかない。 ボトルに綾鷹を詰めている理由は、2016年の四鎮守府輪行サイクリングで新幹線乗車中に飲む用にお茶を買い、駅についた時に余ったお茶をボトルに入れたところ、意外と美味しかったからw 綾鷹は緑茶系ではネーミングが(より高級な、にごりほのかと合わせて考えると)萌えっぽいし? 緑茶以外に紅茶や麦茶は試したことは無い。

袋井市街地の信号が多い区間はマッタリ走って浅羽あたりから向かい風。食料に不安があるので、適当に前走者に声を掛けてパスしつつもマッタリと走る。 大須賀のあたりで6:30に出発した同じジャージの人に会う。声を掛けたところ・・・ちょっと無理そうか? 御一緒しようと事前に示し合わせたわけでもないし、約50kmで30分差がつくと御一緒できないかもと見捨てる。この頃はずっと微妙に距離を空けて追走してきている人が居てなんなのかと思ってたのと、平地だから撤退不能にはならないはずとの判断で山岳地帯だったなら判断は変わってたはず。 他方、平地の向かい風区間では微妙に距離を空けるよりもキッチリと付いた方が風除けの効果がでるし、こちらも後続を気にしつつ信号停止できるのになぁと考えてたが須々木の上りで居なくなった。トイレ休憩かなにかかな?



PC2でスタートから着ていたポンチョを脱いだ。この先のPC3まででは雨が降る予報だが、濡れるよりも向かい風で衣服がバタつく方が苦痛だとの判断による。 空腹は最高の調味料 うまい棒(34kcal)がこんなに美味いとは! PC2でコレとウィダーインエネルギーを補給してPC3日本平まで行く予定。 ここにはAJ静岡のスタッフが待機してて話をする。曰く「以前、ガリガリ君のみで完走した人が居て・・・こんな日にガリガリ君のみで完走したら変態ですよね」とか、ライトと尾灯が付いていることを指摘されて「10時間程度だから前照灯(キャットアイのVOLT400 LOモードで18時間点灯)はセーフティライド代り、尾灯は・・・キャットアイのOMNI 5は単四電池で点灯60時間なのでブルベ中は点けっぱなしで良いやと思って。 ちなみに、類似品のLED3灯タイプは連続点灯が100時間超なので1200kmでも大丈夫w 安いし」



焼津からは喉の渇きと闘う。 ここはコンクリートジャングル=ジャングルで飲料水の確保は難しいとか、「本日の飲料水はこのボトル1本である」って何かであったようなとか、「隊長! 水筒の水を飲みほしてしまったであります」とか。 寒さを考えると雪原の強行軍だろうか。 喉が焼け付くような渇きを感じてから飲む一口の水は(お茶)は格別に美味い。 そんな事を感じながらも道路脇の公園と蛇口を探す。焼津港の近くで蛇口を見つけたし、国道150号の少し北に ”井伊直孝産湯の井” があった。産湯の井戸ってことは飲用可なのかな? 宇津ノ谷の道の駅で水は汲めるだろうか・・・ここは日本なので、飲用に適さないと表示されていても飲めなくはないだろうとは思ったし、そこまでの状態になったならコンビニか自販機を利用するけどな。

岡部で唯一の固形物の補給食・・・ソイジョイを日本平への備えなんだとじっくりと噛んで食べ(宇津ノ谷は惰性で登坂)、丸子宿までの下りでAR中部のT中さんと合流して静岡市街へ。そのまま久能海岸へ。日本平を一緒に上り始めるが、こちらはアウター縛りでギアが足りなくて千切れてPC3へ。



これで勝つる! PC3でスタッフから飴と最中を戴き朝バナナを半分飲む。 贅沢を言えば、最中→朝バナナ→飴の順番で食べたかったw 飴を舐めれる強度で走りつつ、時間を掛けて糖分補給はアリだろう。 残りは雨天の追い風基調なので再びポンチョを着込むが、外側から反射ベスト・ウィンドブレークベスト・ポンチョ・秋冬サイクルジャージ・・・という重ね着としてポンチョのバタつきを減らした。日本平パークウェイの下り以外は問題無し。 最悪のパターンだとリバティは向かい風の1時間走行だろうと、焼津からPC4までを軽目のギアを回して体を温めるのと乳酸抜きを図る。



寒くてもホットコーヒーもホッカイロも買えなく、PC4でも駄菓子コーナーへ向かう。勝利のビッグカツとか食べたいが30円? ブラックサンダーも30円? 13円出せば選択肢が増えるが・・・ここでもカルパスを購入して口の中でじっくりと味わう。意地汚い。朝バナナの残り半分も補給して手持ちはお茶のみ。 手がかじかんでグローブを嵌めるのに時間がかかってスタートに手間取る。 リバティ(河川敷)は時々向かい風じゃ無くなるようで助かったような、クルマ侵入防止のポールや堤防を走るクルマのライトがあり、ブルベの400km以上の装備(前照灯×2、ヘッドライト)があった方が安全だと思う。



PCでの購入物=ブルベ中の購入物
170108-03.jpg



BRM108静岡200km いちご
このような郊外メインなルートで本格的な山越えや無補給区間が無かったので100円未満のチャレンジが可能だった。そういえば近畿で100円未満を達成した人も2016年の中部200km(江南→関→江南)という平坦ライドだった。 土日は店が閉まってる海外ブルベとかに比べたら難易度は低いが、それらを体験するには良い試みだと思わな・・・くもない。自己責任でよろしく。
スポンサーサイト

BRM102 高松400km 夜明

「まだ、募集人数が埋まってないやん。 ポチったろー」
くらいの気持ちでエントリーしたんだと思う。
1月2日はUターンラッシュのピークとのことで、
前日に移動してマッタリしていた。



市街地は信号に引っ掛かりまくるので
かなり後の順番かからスタートして
適当な列車についたり前に出たり。
追走を頑張ってそうな人に
「あのペースは大変ですよ」と声をかけたが
理解してもらえたか怪しかったり。

東かがわ市街地は信号が多く
わざと列車を切って加速具合を見学し
十数km走って追いついたと思ったら
後ろのグループにも追いつかれていた?
徳島市に入ってからは流して走ってPC1へ。


グルメポイントってあるの?
主催者に聞くと日和佐に屋台があるかもと。
年始は営業してるか分からないことが多くてねぇ・・・。

小松島まで信号に引っ掛かりまくり
星越峠だか星降峠で+3℃の表示を見た。
峠の斜度と距離を確認しながら下る。
約6kmで細かい上り返しがあるから
大したことなさそうだ。
体力が残ってれば。



久しぶりのロングライドで
走行中に食事できない状態のようだ。
牟岐のローソンで休憩する。
今回は、2~3時間毎にストップ作戦。
2~3時間の固定ローラー × nセット
と考えると簡単・・・じゃないが、

走行強度のイメージは掴める。
景色が変わらなければただの修行だ。

Qシートにはしぶんぎ座流星群が・・・とある
見上げれば満天の星空
時々、頭を上げて星を見る。
流星群? いえ、知らない子ですね



そろそろ室戸岬。
数キロ手前から付いてきた人は
6610ホテルの駐車場へ行った。
(たぶん、それじゃないと思うんだが・・・)
自分も撮影場所が不安になってきて
少し行ったとこの公衆トイレ&案内看板で確認する。

案内看板に室戸岬はココという文字は無かった。
この辺一帯が岬の扱いなのだろうか?
道路脇に室戸岬の石碑を見つけ、
傍にある遊歩道と広場を眺め・・・
道路脇の石碑撮影じゃ面白くない
自転車を担いで広場へ降りる。
撮影後に一人やってきて真似しだしたw
たぶん、(本来の撮影対象は)これじゃないですよと
声をかけると、問題ないですよとw

道路に復帰するとスタッフの人が歩いてきて
撮影はここで良いですよって話をされた。
帰宅してコマ図とgooglemapを見ると
ほんの少し違うようだ。
△ 月見ヶ浜
○ 灌頂ヶ浜



PC2で朝食ついでに牛丼を食べて出発。
難波行きのバスに抜かれる!
高知発大阪行、6:00始発っぽいが・・・
高知~徳島は高速道路を使わないのかと思った。
ゴール後に主催者と談笑すると、
室戸発着のバス便があるらしいとのこと。
バスの便数は少ないはずだが
バスで室戸岬に行ってどうするんだろう。
またまた、謎が生まれた。

徳島バス>室戸・生見・阿南大阪線
http://tokubus.co.jp/wptbc/highwaybus/ananosaka/



170102-01.jpg
今回のブルべの副題を思い出すと・・・
夜明って 何時? どんな状態?
撮影会の始まりである。

170102-02.jpg
無人地帯=津波浸水想定地域で、
クルマを止めている人がポツポツと居る。
海をみれば日の出の時刻が近いらしい。
休憩も兼ねて撮影。

170102-03.jpg
その場で日の出を待つような甲斐性はなく、
海岸を警戒しつつ先へ進む。
雲の上から日が昇った頃は
甲浦手前のアップダウンでシャッターチャンスを逃す。
それでも、なんとか視界の拡がった所を見つける。

「暁」 「東雲」 「曙」
名前と画像合わせは大変ですね。
わけわからんです。




またまた、牟岐のローソンで休憩。
ヘッドウォーマーからサイクルキャップへ交換し、
夏用ジャージとウィンドブレークベストを脱いで
サドルバッグへ収納する。

170102-05.jpg
日和佐サンラインは寒すぎず、暑すぎず。
フォトコントロールからの下りで
一緒になった人と別れる。

往路で撮影してるブルべ参加者を見たし
年始は参拝客渋滞も発生するらしいが、
ここはどういうとこなのか?
どういうとこか知ってたら参拝もありだったが
道路脇からの撮影だけとした。
屋台は営業してそうな、してなさそうな
微妙な時間帯。



星越峠からは向かい風。
休憩や脚休めと
昼食の取れそうな店を探して
国道55号との交差点手前のラーメン屋に入る。
170102-06.jpg
徳島ラーメンかその隣のメニューに
「あっさり味」 と書いてあるのを確認して注文する。
さらに鳴門ラーメンの文字も。。。
徳島、鳴門、高松? もしかして・・・3杯いけちゃう?
炭水化物と炭水化物の夢のコラボレーション。



170102-07m.jpg
PC1&PC3のローソン
往路で気になってた掲示物を復路で撮影。
ここで睡魔が襲ってくる前に眠眠打破を投入し
(お医者様ランドヌールが牛乳飲むのを真似て)
牛乳成分を期待してプリンを食べ合わせてみた。
効果のほどは不明だ。

徳島を似たようなタイミングで1人の人とリスタートしたが
国道11号に出るまでにはぐれた。
少しペースを落としても来なかったので
うずしおロマンチック街道を単騎駆け。
まあ、試走は単騎駆けだったりするから
グループ走でもどっちもで良いかな?

今回もアウター縛り。
この平坦区間でアウターローに入りかけて驚く。
地元で言うと伊吹おろしと同じくらいか。
ここのは何おろし?

うずしおロマンチック街道を抜けて
2つ目のコンビニで小休憩。
徳島をリスタートした人とは別の人が後ろにきて
「あの爆風は勘弁してほしいよねー」と話しながら進み、
ラーメン屋やうどん屋を物色するも
進行方向側に良い店が見当たらず。

日没前にゴールできるならその方が安全だし
同行者が地元の人だと言うので
立ち寄りせずにゴールとし
サンメッセへ道案内してもらった。

パソコン入れ替えの顛末

(はじまり)
ノートパソコンを購入してから4年弱(自作PCを止めてからだと6年くらい?) ノートパソコンの性能に不満を感じてイロイロ調べたら浦島状態になってたと気づいたような、パソコンの進化は小変更小変更を重ねている感じで、買い替えるまでには型落ちしきってないような・・・。

EaseUSのEaseUS Todo Backup Free
http://jp.easeus.com/

フリーソフトでOSを入れ直さずに 、HDDのバックアップやHDD→SSDの交換ができる。 昔は有料ソフトでしかこういのが無かったきがするが、今はフリーとかSSDにソフトが同梱してるらしい。時代は変わったんだなぁ(笑) USB3.0にSSDを(USB2.0接続でw)挿して、バックアップ終了後に自動でシャットダウン。 HDD→SSDへ換装したところ、パソコン起動とエクセルファイルを開くのと艦これの起動が速くなった。第一段階は満足です。


---------------------


(パソコン余り)
仕事で支給されたパソコンへの移行は使用環境の変更や、いまさらHDDのレスポンスでお仕事するのはいかがなものかと保留していたが、SSD換装のネタを流用し、このパソコンもHDD→SSD化を行った。 そして、今まで使っていた物を引き取ると・・・手元にノートパソコンとミニタワーが。
自宅以外でも艦これできるようにと買ったタブレット(ThinkPad 10)は(Android版・・・スマホで事足りるし)ローラーのお供に使うには画面タッチが面倒だったりで使わなくなってて、これとノートパソコンかミニタワーのどちらかは不要だろう。。。


---------------------


(ベンチマーク実施)
ノートパソコンとミニタワーのどちらをメインで使おうか考えようと、現状の使い方を想定して負荷の掛かり方を確認した。途中で部屋に転がってたパソコンから120GBのSSDを抜き取って付け足したり、ベンチマークの途中でサウンドカードを追加してる。ヘッドホン(Audio-Techica ATH-A900X)をスピーカー代わりに使っているとサウンドカードの有無やノートかどうかなんて関係ないだろうと思っていたが・・・元に戻れなくなるくらいに音質が違った。イヤホンとヘッドホンの違いは分かるが、イヤホンを使う状況・・・ローラー回すときは雑音が多くて音質の良し悪しは気にならない。 こんな改造してる時点で、どちらをメインで使おうか決まってるようなものですがw

この調査のさいに、Google ChromeだとFull-HD画質以上で動画が視聴できると知った。使用している画面はEIZO FlexScan S2411Wのため、FULL-HDを超えた1440pや2160p(4K画質)で再生してもあんまり意味はないのだが。。。

161230-7.jpg

161230-6.jpg

どちらもSSDを除けば、約3年前の中価格帯といったところだが、これくらいのスペック差だとノートもミニタワーも消費電力が同じくらい?で、ミニタワーのi5 4000番台の方がCPUの省電力&ブーストが効いて扱いやすそうだし、音質は全然違う。


---------------------


(魔改造の道へ)
161230-1.jpg

パソコンケース ドスパラMagnate IM
パソコンケースの前後に12cmファンが付けられるので選択してた

防音シート
サイドパネルの両側と底面と上面に貼った。パソコン画面の脇に縦置きする分には騒音が気にならないが、パソコン画面の背面に横置きしたら騒音が気になる。

CPUクーラー Scythe-虎鉄
http://www.scythe.co.jp/cooler/kotetsu.html
これは微妙にパソコンケースに干渉する。CPUクーラーの吸気側にファンをつけるのはOKで、CPUクーラーの排気側にファンをつけるのはNGっぽい。 サイドパネルの持ち手部分が干渉してるっぽい。 持ち手部分を削り取るか、無理やりサイドパネルを閉めるかw

排気ダクト
パソコンケースの排気ファン取付け部~CPUクーラーの端まで75mm+αあった。12cmファン25mm厚+中間に12cmファン25mm厚+12cmCPUファン25mm厚が取付け可能だw 微妙に中心軸がずれているので調整か妥協が必要。 12cmファン38mm厚×2個も取付け可能っぽい。 2連と3連のどちらが良いか、3つのファンの回転速度(風量)を揃えた方が良いのか、中間のファンは羽を取り外した方が良いのか、CPUクーラーの吸気側にもファンを取付けようか。 などなど静圧と風量について調べてみるのも面白そうだな。

ファンコントローラー
12cm吸気、12cm排気、排気ファンとCPUファンの中間にあるファンの3つを絞って運用中

9cm吸気ファン
グラフィックカード(GTX1070・・・電源は500Wに換装済のため動作するはず)を増設すると(空間的に)グラフィックカードを境にパソコンケース内の風の流れが2分割になりそうだ。ケース上半分側には吸気ファンが無くなることになるため、その場合は5インチベイに9cmファンをつけてファンコントローラーで風量調整しようと考えている。12cmファンは付かなかった(実験済)

2016年10月度の走行距離

約1080km + バンク走行
(バンク走行時はサイコン未装着だったので走行距離不明)



今月のネタは ツール・ド・鎮守府
161031-a1L.jpg



主要駅?から各鎮守府までの経路&距離
どこも新幹線主要駅から100km前後らしく、八戸駅~大湊基地も100km前後だが(爆)
161031-a5L.jpg



午前8時の自衛隊旗掲揚の見える場所
ラッパの音も聞こえる。
161031-a2L.jpg
各地の記念館は・・・ありていに言えば (国立のそういう慰霊施設があるのかないのか曖昧なこともあり) ”企業博物館における、我が社の歴史は・・・” というところ。公開したくないものを積極的に公開することもないので真ん中かどうかと言われると微妙だが、後進の教育施設とか先達への敬意を・・・という意味では真っ当なところ。 4カ所の記念館はいづれも大筋では大差なく、戦艦大和・空母赤城・東郷元帥・自衛隊の活動に関する資料は展示されてた。 そのため、地縁を優先して自分の住んでいるとこの地方隊や、興味のある旧軍港へ見学しに行けばよい。4カ所すべて回ったからといって何らかの記念品が貰えるわけではないしナ(笑)

ロードバイクは高級なので基地内に駐輪させてもらえる・・・ということはなく、指定された外部の駐輪場、駅の駐輪場、ホテル預かりのいづれかとなる。 それなりの距離を歩くためSPDクリートとシューズの方が良いし、護衛艦の艦上見学の場合はSPDクリートも外した。 駅の駐輪場等へ駐輪して自転車に想定外のことが起こった場合に電車で帰ることは容易なのでクリートを外す場合も含めて決戦用バイクやセッティングを持ち込まない方が無難だ。



海自カレー
161031-a3L.jpg
舞鶴の写真は大盛り。 地方隊毎の特色ではなく店によって食器・盛り付け・味付けが異なるので参考程度です。 各店が味付けの参考とした艦ごとに味付けが異なるそうで組織共通の作業マニュアルは何処へいったのかと。 横須賀と呉は海自カレーを押しまくり、舞鶴は赤レンガと引き揚げ記念館内のレストランくらいで提供してて、佐世保は「ふくろう」という飲食店が閉店したらしくソコ以外はビーフシチューかバーガーしか検索でヒットしなくて海自カレーを探すのに難儀した。 艦艇見学場所の自衛隊向け売店でカレーが食べられるらしいですが・・・。

カレーを食べ比べるだけならば各地方隊のカレーフェスティバルを狙ってみるか、インターネット通販で買い集めるのが費用対効果が良い。 呉の潜水艦カレーで感じたのは南方系の香辛料がよく効いている味なので、街中のインドカレーやタイカレーででもそれっぽい雰囲気を味わえるのではないだろうか?



その他、自転車で行ってみたい場所
161031-a4L.jpg



4週連続で遠征したため、気温と服装の選択に迷いは少なかった。

 25℃以上
 長袖ジャージ+レーパン
  |
 20℃以上
 長袖+半袖+レーパン
  |
 長袖+半袖+レーパン+ニーウォーマー
  |
 長袖+半袖+レーパン+レッグウォーマー
 長袖+半袖+レーパン+ウィンドブレークベスト+ニーウォーマー
  |
 15℃前後でパワーダウン時
 長袖+半袖ジャージ+ウィンドブレークベスト+レーパン+ニーウォーマー
 長袖+秋用ジャージ+レーパン+レッグウォーマー
  |
 15℃未満+雨
 長袖+半袖ジャージ+ポンチョ+レーパン+ニーウォーマー
  |
 長袖+秋用ジャージ+ポンチョ+レーパン+ニーウォーマー

20℃未満ならサイクルキャップを被ってても排熱に問題無し。
というところ (体感温度には個人差有り)

コンプレッションソックスも含め、7分丈パンツと合わせて下半身の露出箇所や体型にフィットした部分を減らすことで、ソコソコ見るに耐えられる格好での輪行スタイルとした。 ボトルの中身が水だったりお茶だったりするのは、それ以上の強度で走ってないからで、水だとホテルに宿泊した際に洗面所で軽く濯ぐだけで良いので管理の手間が減るという理由もあったり。





東海地方に住んでいる者としての感想は
 ふらっと行くなら舞鶴
 潜水艦が見たいなら呉
 艦の活動が見たいなら佐世保
 本土で異国情緒を楽しむなら横須賀

三浦半島一周? & 横須賀観光

4週連続の旧軍港巡りの4週目は横須賀。



161029-01.jpg
名古屋駅を06:46始発のこだまに乗って熱海駅下車。 この時点でおかしな点がイロイロあるのですが、個人的には名古屋駅から2時間も新幹線に乗る(自宅からなら約4時間)のがナンダカ割に合わなく ・・・名古屋駅を06:20始発ののぞみに乗って西に向かえば広島駅に到着してるし、新横浜駅から南下する方が一般的なような気が・・・ 前日までクルマに自転車を積んで湘南海岸のどこかで駐車も有りかと悩んでた。 横須賀は電車の時刻表的な意味で遠い



161029-02.jpg
熱海駅下車にして相模湾をぐるっと一周へ向かう。小田原に向かうまでにAJ神奈川のBRM1029神奈川300伊豆参加者に擦れ違うかと期待していたが、それらしき自転車乗りは数人というところか? これなら小田原駅まで輪行しても良かった気がする。



161029-03.jpg
お城スタンプラリーの東の端が小田原城ということもあって小田原城を目指したが、城が大きすぎでスタンプラリー台紙を何処で貰えばいいかわからないorz 適当に切り上げて国道1号を東へ向かう。 酒匂川を越えたとこで記念に1枚。



161029-04.jpg
あのしまが、えのしま
そろそろ昼御飯の時刻だが、観光地価格っぽい店とサーファー御用達の店とチェーン店しか無さそうな雰囲気で補給食のウィダーとシリアルバーを齧って走る。 葉山のあたりで良いペースの人が居て話を振ってみると横浜からぐるっと一周?とかで、私とは今日の予定がずれてそうな感じ。



161029-05.jpg
バイクスタンドに吸い寄せられるようにして個人経営の飲食店へイン。 熟成カレーやかつカレーというメニュー・・・自衛隊盛りという危険なワード・・・に興味をひかれたが夕飯にカレーを食べると決めていたので牡蠣フライ定食とした。 1日違ってたら熟成カレーが\500だったらしい。



161029-08.jpg
三崎港でマグロの旗をよくみたが、昼飯を食べたばかりなのでスルー。伊豆~小田原の道沿いには干物、国府津~二宮の道沿いには金目鯛の旗があった。 それらを全部スルーしてたので劔崎灯台くらいは寄り道しておこうかと。



161029-09.jpg
国道134号の野比の信号を直進すると変な名前の通りになった尻こすり坂=シッティング坂ですよね? ね? サドルに尻をこすりつけるようにシッティングのみでこの区間を走り、京急久里浜のあたりで川なのか運河なのかよくわからないものに沿った大通りを横須賀方面へ走り、湘南橋の交差点が自転車進入禁止っぽい匂いを察知して曲がって、最初の信号でターンして・・・と走ってたら衣笠駅の手間に来てた。 GPSナビを持ってても道路が入り組んでると道に迷いますねぇ。

横須賀中央駅の方へ向かい、駅前通りではハロウィンイベントが開催されているのを横目に走ると酒保鳳翔のブースを見つけて立ち寄り。国道16号へ出ずに一本手前のどぶ板通りをまったり走ってクールダウンとし、ホテルハーバー横須賀で自転車を輪行袋に包んでチェックイン。 時間が余ったので1日目に観光を狙う。



161029-11.jpg
記念館みかさを見学して

161029-14.jpg
VR体験も。 呉の大和ミュージアムでやれば良いのにと思ったが、横須賀の方が採算が合いそうなのだろうか(邪推) VR戦艦大和イベント 大和竣工時の外観や第一艦橋の内部をご覧になれます。(体験時間:約4分) と告知してあるとおり、ゲームのオープニングデモのような画面に沿ってVR体験。 ズームイン&アウトや艦内を自由に動きまわることはできないが、オープニングデモのような画面でも頭を上下左右に振ってみることは可能だったが、ノンプレーヤーキャラが挨拶してるときにキョロキョロと首を回すのってどうよ? 直立不動で答礼したくなりますね VR向けパソコンの推奨スペックはだいたい想像通りだった。


161029-16.jpg
よこすか海軍カレーを食べて

161029-17.jpg
酒保伊良湖へ向かったが、店舗前の待ち席があることに引いて撤退(笑)

161029-20.jpg
居酒屋信濃の前を歩いて

161029-21.jpg
酒保鳳翔へ。 ビルの2階の1室が店舗なことから以前(もしくは以前のテナント)は他の看板と似たような営業スタイルだったと推測されるが、若手の経営者とか青年会が今風の客を取り込もうと企画したのだろうか? 客層とメニューや料金は入店する前から判ってしまえるのが初めての土地で飲み歩くのに都合が良い反面、相席や隣席となった人と 「でゅふふふ、お宅は・・・」 と話すには自分が熱海から自転車で横須賀へ来て・・・というネタは会話の掴みにならないだろう(笑) 恥ずかしくないメニューの日本酒として酒匂と足柄を頼んで、長居せずにホテルへ戻った。こういう店に入る時点でバレバレだろうが。

161029-22.jpg
鳳翔で貰ったポスターがこれ。 今日がVR戦艦大和イベント開催の初日だったからだろうか? 店員の言う通り、体験会場で貰ったA4チラシとは趣向が異なるようだ。





161030-02.jpg
161030-03.jpg
翌日の朝はホテルで朝食をとってからヴェルニー公園へ。 午前8時の国旗掲揚を眺める。4週連続で。GPSなどで正確な時刻が判るはずなのに、各館の放送やラッパ開始の時刻が数秒程度ズレているのが不思議だなと。どの旧軍港でも。

161030-04.jpg
小雨混じりの中を出発し、浦賀駅前で秋物ジャージを脱いで、夏物長袖ジャージ+夏物半袖ジャージ+ウィンドブレークベストの服装にした。気温15度前後の雨混じりは服装選択が微妙で悩ましい。 天気は回復基調とのことで薄着寄りの選択とした。

葉山のあたりで1人に抜かれたが湘南海岸で追いついた。話をふるとヤビツに上るとのこと。ヤビツ・・・ヤビツねぇ・・・ この時期に峠に登るなんて変態だな(脚力的な意味で) 2人パックでというか茅ヶ崎~平塚だけ前を引いてそこまでは後ろに憑いたり少し距離を開けたりといったところ。 おかげで小田原へ想定以上のペースで進行できた。



161030-56.jpg
こんな風に寄り道するくらいにナ。 たわわ→さかわ(?)→かわわ 川勾神社ってなんだ? 大阪→東京で走った時にはそんな信号名は記憶になかった。

161030-07.jpg
ゴーゴーカレーが昼御飯。ロースカツカレーのファーストクラス(特盛)だったかな? 横須賀から小田原まで補給食ゼロだったので特盛でカロリー的に合うだろと安易な考えで注文し涙目になって完食。ここは並みか大盛りにしておいて、駅ナカでおやつを買って食べるのが正解だったような。

適当に券売機で座席の空きを調べて車両最後尾の指定席をゲットして小田原停車のひかりに乗るが、最後尾座席の後ろは大きなキャリーケースが複数個あって埋まってた。ひかりはジャパンレールパスで海外からの旅行者が愛用(のぞみに乗車不能)なので、こういうことも有り得るのか。。。 デッキに自転車を置くと直ぐに車掌さんがやってきて名古屋駅で開く側の乗降口を教えて貰ったので不便はほとんどなかった。こだまで約2時間とひかりで1時間強では快適さと費用対効果が全然違う。が、名古屋を早朝に出発のダイヤに名古屋→小田原ノンストップは無い。 やっぱり横須賀は遠い。

DIST 225km

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。