ブルベ用のクルマ選び?

スタート地点までの遠征目的だけでなく
ルートの下調べで楽しいクルマはどれか?
そんなことを考えてる。



・トヨタ アクア(HV)
20150613-01m.jpg
江南→堀越峠→氷見→越前海岸→八草TN→江南
約600km@約25km/L
クルマのオーナーを隣に乗せてぐるっと巡回だったので燃費は良い方向。ゆわkm/h付近かつアクセル開度等によってエンジン制御が変わることを理解しておかないとニュートラルギアで曲がる様な違和感があったが、減速時にエネルギー回収し加速時にモーターアシストの感触はなかなか興味深い。基本的には警告灯が出るまでメーター類を気にせずに走らせてください、というクルマ。 自転車は積めるらしい。




・マツダ デミオ(1.3リットル 6AT)
20150621-00.jpg
20150621-10.jpg

羽島→平谷峠→地蔵峠→下栗の里→分杭峠→杖突峠→麦草峠→美ヶ原→有賀峠→清内路→北条峠→羽島
約750km@14.5km/L
ルート確認するときのペース・・・というか、いつかのルートに組み込めるように下見? 何故か4WD車が配車された。4WDも2WDも違いが判るレベルの走りは出来ないからまー良いや、ちょっと想定外だぞっと。。。あとあと調べると4WD仕様の方がローギヤード設定(嬉しい誤算)。タコメーター無しのグレードだったのでエンジン音とスペックから計算すると、普通に走る場合は3速60km/hで3000rpmあたりまでで走るのが良さ気。峠では3速に入らないと思った方がいいカナ。

酷道418号や152号(地蔵峠、分杭峠)の1.5車線路へも問題なく突撃可能。全体的にハイギヤード設定なのが私にはマイナスポイント(市街地をマッタリとDレンジで走ると6速まで使っているようで、かなり静かに走れる。 この前後に試乗したアクア@CVTやフィット@CVTを意識したセッティングだろうか・・・) これくらいの車体に1.5リットルエンジン積んでローギヤードしてくれたら有りっぽい。自転車は積めるらしい。




・スズキ スイフトスポーツ(6MT)
ディーラーで適当に
20150704-00.jpg
デミオ1.3リットルでの不満をフォローしている感じ。シフトノブを5~10cm高い位置にしたいが・・・弄らなくても当分は満足するだろう。このクルマの問題は自転車を積めるのか? 試乗した翌週に自転車を持ち込んで、スイフトであれこれ試した。1人+自転車1台+助手席で仮眠がギリギリ、2人+自転車2台も出来るとかなんとか・・・。
『気合!入れて!載せます!』




・ホンダ フィット3(1.3リットル CVT)
150705-02.jpg
150705-03.jpg
一宮→放生峠→岩屋ダム→位山峠→鈴蘭高原→岩屋ダム→放生峠→一宮
約330km@16.8km/L
レンタカー近くのホンダ店へ乗り付けてフィットRS(6MT)のシフトフィールだけを確認。運転フィーリングはベースグレードから類推する方向。現代風の味付けのCVTなので、街乗りでは静か。峠で変速比がコロコロ変わってうっとおしい。スポーツよりのSモードでもエンジン回転の維持は難しい。スポーツシフトとかが無いと厳し・・・そういうグレードじゃないかw

自転車を積んでみたいことをお願いしてから、期待していた積載性を確認した。リアハッチ開口部の大きさが微妙でサドルと後輪を付けたロードバイクだとバイクを斜めにして車内に入れる。後輪を付けたままでの積載はギリギリ、後席足元にクッションなどで嵩上げして自転車の前後輪を外せば隣で脚を伸ばして仮眠も可能? 後で書く2車種と比べると積載が簡単という感触ではない。
『何でもは載らないよ。載せられるものだけ』




・ホンダ フィットシャトル(1.3リットル HV)
車輪受け渡しの待ち合わせ場所まで
20150702-00.jpg
現行 シャトルの先代版。前輪を外した状態で簡単に車載可能。画像は自転車を固定するためにスタンドを車内で取り付けた。車輪2セットと犬ゲージと買い物籠も積んでいるのも自転車が動かないようにするためで、これくらいの荷室利用率がちょうど良いんじゃないかな?




・スズキ エブリィワゴン(軽1BOX ハイルーフ仕様)
20150702-01.jpg
荷室が広すぎて床面べた置き。




・ミツビシ コルトRA
江南→濁河峠→権兵衛TN→治部坂峠→江南
約400km
助手席からの感触は「このクルマはやりすぎw」 自転車は積めるらしい。何年か前に前輪外して積んでもらった気がする。
スポンサーサイト

ブルベ風エアロロード

当日は走らずに自転車を物色してたニキー。



いつ頃から出てきたのか、最近のロードバイクの流行は
ダウンチューブの下側に3つ目のボトルケージを付けるらしい。
20150613-21.jpg



前輪と干渉しそうで・・・って人は携帯ポンプを取り付けてみたりw
いや、ボトルケージ脇に取り付けできるやん?(1枚目の写真参照)
この位置に泥除けを付けるって手もあるなあ。。。
20150613-22.jpg


PC3で何ぞコレ?と見てて、PC7で再開したので撮影させてもらった。
BBの上、ダウンチューブとシートチューブの付け根に工具袋を巻きつけてるらしい
20150613-23.jpg



こちらの人はツール缶の上に輪行袋を縛ってる
20150613-24.jpg



大きなフレームだとココに取り付け出来るらしい
20150613-25.jpg



馬の鞍のようにトップチューブに掛けるタイプ
20150613-26.jpg


前三角形の内側をどのように埋めていくか・・・
ブルベ風エアロロードの作り方ですね。
私なら、シートチューブ側のボトルケージにツール缶を挿してるから、
その上下(?)に工具袋と輪行袋を巻きつけて、
2本目のボトルが必要なら背中のジャージに入れようかなあ?
トップチューブに掛けるのも面白そう。

ブルベに合うホイール&フレーム

「デュラホイール多いね」

参加者の車検ついでに個人的な興味を持って見ててぼそりと。よく吟味した結果の選択なのか、何処のブルベ本に載ってた情報なのか聞いてみたくもなった。7850-SLでよければ私も持ってる。ブルベに使う気は無い。以前、PBP向けのホイールとは何かとの話しを聞いて、自分でも納得がいくのは「良いハブ、剛性の高くない、そこそこ重い、スポーク本数の多い、消耗品と割り切れる価格帯のホイール」だった。重量・剛性・値段についてもっと書いても良いが、しったか乙と言われそうで不味い。いや、私は機材についての知識は無い方だ・・・が、誰も言わないような例がだせるゾ(笑)





20140103-06.jpg
私のブルベバイクは
GIANT TCR SL1

ショートホイールベースで輪行袋への収納が簡単で、超軽量アルミフレームはカーボンフレームと勘違いしそうなほど軽い。肩に担ぐと分かる。極太で薄肉化されたダウンチューブは、水しぶきが当たると、なんとも言えない音を発する。1度は雨の日に試乗してみると良いです。まあ、誰が雨の日に自転車貸してくれるんだって話で・・・。おや?

ハンドリングは、ブライドコーナーの先に自動車が止まってても回避可能なほどクイック。感じ方にはライダーによる個人差がありますが。九十九折れのタイトコーナーも難なくこなしつつ、大径化されたコラムは高速コーナーも気持ちいい。公道の制限速度よりフレームの限界が高いと思われ、振り回して遊ぶようなのは不向きか。

また、(センターラインにポールやキャッツアイが埋められていていたり、車道や路側帯の狭い道路では自動車に抜いて貰う事が難しく、他の交通と喧嘩しない走りが安全な面もと考えて)自動車の流れに合わせたり、ルートミスした参加者を追走&捕獲する場面でキレた反応を示す。 「おっしゃー! キタキター。それ踏め、もっと踏め」とバイクが言ってるかのようだ。

SHIMANO ULTEGRA6700のコンポーネントでまとめられ、グレードアップを考えずに済むのもマルだ。いや、考えても良いのよ? コンパクトドライブ(34/50T)で激坂対応。12~40km/hくらいで走るような、アップダウンのある道でフロントギアの掛け替えが要るのは面倒だ。

 ・
 ・
 ・

用語の勘違いはあったとしても、悪意のある嘘は言ってないハズだ。ロングライドにはオーバースペックだと思うじゃろ。フレームとホイールじゃ特性が違うとか、うんたらかんたらあるだろうが、物は言いよう。どこでバランスを取るかなんだって。

ホントの理由は、自動車にしろ自動二輪にしろ、レースベース車両や公道デチューン仕様の雰囲気が好きで、「いやー、乗り難くてまいっちゃうよ。ハハハ」と自虐気味になるのも好き。
ツーリングは好きな車両で行くのが良いと思うな。途中で投げ捨てたくならないし(笑)


ライト

スタッフの役得

他人のライト周りを堂々とチェック出来る。

(車検ですからw)








最近は自転車用LEDライトが良くなった所為か

ガチで走る人が増えた所為か

車体中央にライト複数配置って傾向がみられた。

20130519-001.jpg
参考イメージw





私の場合は照射範囲を広くしたいので

ライトは車体の左右に振り分けてる

20130519-002.jpg
参考イメージww

(このライトの右目はハイビームだけどな)

もっと幅広く照射したいからと

ライトを車体正面からずらすのは

道路運送車両法的にNGらしい。

詳しくは知らない。





以前、前照灯を4つ付けてる人を見た

お知り合いになりたいと思った。

20130519-003.jpg
参考イメージwww






私が装備してるライトの移り変わり。
20130519-004.jpg

年々、良いライトを購入し易くなってるらしい。

DOSUNはマウント部が壊れたり点かなくなって交換。

ライトをハイモードにするのは、夜の雨の峠の下りくらい。

(当方、裸眼視力0.5くらい、遠視+乱視(+近視?)、自転車では視力矯正せず)

2011年頃を境にライトの明るさを求めてなさそうで

ブルベの所要時間短縮を狙わなくなったのとも関係してそう。

前輪のシャフトにライトを付けてたのも2011年までだったかな?

私が知るより前の人達はどうしてたんだって話になるし

取り付け方法とか

走行ペースとか

別に単独で走らなくても…と思ったりとか

もっと良いライトを! と探す以外にも方法は有ると思うんだな…

寝袋

20130517-00.jpg

写真左:SOLエスケイプビビィ
 「エマージェンシー寝袋」といったところ
 アルミシートを蒸着してるけど透湿性があるとか。
 部屋で窓を開けて使用した感じでは
 敷布団の上なら寝れる。
 地面やベンチの上だとどうだろう?

写真中:モンベル U.L.スパイラルダウンハガー#7
 400gと超軽量なやつ
 部屋で窓を開けて使用した感じでは
 推定15℃くらいだと快適
 腕や肩の自由が利かずにイマイチ
 寝袋の構造上仕方が無いか

(大きさの比較用)
写真右:ホームセンターで買った合羽(下)
 縦21cm×横11cm
 ¥2000以下
 合羽の話はまた別の機会に?





「先頭引きしてからの尻追いだったらホテル泊して良いぞ」

念のために聞いたらそういう返答が。

それは無理ゲーなので寝袋を用意してみた。

用意して、ふと気付いた。

中部400同様に走行モチベーションの折り返し地点

糸魚川を制限時間に1時間残しで到着の計画にしたら

寝袋を使用する時間が無いんじゃね?

ルート発表されたら走行計画を練るけど。。。

仮眠道具は無いより有った方が良いし

合羽くらいの大きさなら持ってても困らないだろうなと。
プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR