スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヲ伊勢参り

久しぶりに外を走った。
提督業やプロデューサー業が忙しかったわけじゃなくて
寒さへの準備が出来てなかったから。


そろそろロングライドの練習をしないかんなと
とりあえず、伊勢で宿を手配し
(風呂付、ネット回線付)
以前の中部300『伊勢参り』っぽいルートで。
スタート位置の都合から片道150km無いはず。。。
20150207-11.jpg
20150207-12.jpg
20150208-11s.jpg

なにこれ?




ここからが今回の練習目的なのです!
まずは去年買ったままの輪行袋チェック
(オーストリッチ L-100輪行袋超軽量型)
この袋はキッチリ入れないと
上部から自転車の一部がコンニチハする
大きいフレームだとどうなんだろう?
20150207-13s.jpg



次にネットワーク接続調査。
このホテルは有線LANオンリーorz
持ち運んだタブレットPCは
ASUS Vivo Tab RT TF600T
キーボードドックと合わせて約1kgで
いつでも鞄の中に入れてても苦にならない・・・らしい。
い・つ・で・も

キーボードドックに有線LANがあるだけでLANポートは無い。
USB⇔LANのアダプターが存在してるのを確認し
ホテルから近い電気屋量販店を調べて
輪行袋から自転車を取り出すw
梱包したばっかりなのに。


20150207-14s.jpg
メーカーを変えて3種類ほど購入。
1個目に試したNEC製で接続OKだった。
無線(wifi)で飛ばすか、有線(USB)接続にするか、
電源をUSBにするか、ACアダプターにするか。
給電ケーブルはライトやサイコンと共用化しておきたく
ACコンセント→USB×2のコンセントを常備しててヨカッタ。

ネット回線速度はスマホのデザリングと同等・・・あれっ?
文章書いてアップロードは出来ても
それ以上のことは難しそうですね。
キーボードドックは念のための拡張性と
画面の保護の為に持って行った。
ベッドに寝転がって操作だとタッチペンが欲しい。



20150207-01.jpg
往路はBP経由。
もしも自転車で高速道路を走れたら
・・・景色が単調でつまらん。看板少ないし、コンビニ無い。
 (自転車を抜こうとしたら、後ろから車に追突されるだろう)
3時間乗って、10分休憩。また3時間乗って内宮着。
補給食は、肉まん、あんまん、ウィダー、コーヒー、水200ccほど。
足りると思ってたが少し足りなかったみたい。


20150208-01.jpg
復路は県道37号、津市街地経由。
小雨だったので合羽の上を羽織ってトイレ休憩×3回のみ。
補給食は、朝バナナ、ウィダー、シリアルバー、水200ccほど。
スポンサーサイト

岐阜市民エンデューロ

20110425.jpg
こんな状態なので
(人目に付く)コースの南半分では先頭に出ない
AT心拍までで走る
ペダルを踏み倒さない
アタックしない
ケイデンスは控えめ

ということを意識して1時間走った。

2、3周ほど楽しく集団走行をして
先頭引き捲くってる人は誰だ?
・・・GCSCのM尾さんかぁ。なるほど。
番手の人は誰だ?
・・・レース後半の口撃で判明した
(先頭を引かないのは誰だよって牽制=口撃w)
その番手はバンティアンさん。
フットワークRC勢で活きの良いのは?
・・・M原君。どんな脚だっけ???
後は、顔なじみ+α
Vendは居ない。安心した。
今年は1時間クリテにならない。
なんとか走れそうかなぁ。。。


レース中?にアドバイスしながら走ったが
自分が前者の後輪の右側に移動しきれなくて
左から上がる場面もあって
「右から、左から。どっちやん?」とジェスチャーで聞かれたり。
ジャン周の2コーナーで先頭のM原君と差が付いた時に
 ”ここまでのコーナーリング速度はフェイクか???”
 ”追い付くなら刺そうかなぁ”と
半端であいまいな判断をしたのが失敗。
 あからさまに車間を開けてしまえば良かった。
 そしてM尾さんが追走にチェック
 後はカウンターなりなんなり・・・
 あっ、スプリントしちゃ仮病呼ばわりされる


そういうとこが無くても
先頭を2人分引いたM尾さん+ツキイチ主体のGCSCに対して
道中で有効なチームプレーを取れなかったのが敗因とも。
コーナー立ち上がりで悪戯しようにも
自分の後ろが誰か確認すると・・・手が出し難い。
チーム員を千切ってどうするのヨ
先頭ローテの順番をシャッフル(=相手を撹乱)も出来てなかった。



141116-01.jpg
AveHR 164bpm、CD  84rpm
クローズドコースで1時間のチーム練だと思えば素敵ですね

アマチャリがちんこ北陸大会

20141102-01.jpg
アマチャリがちんこ北陸大会に参加してきた。
観客席の無い自転車競技場を走るのは初めて。


20141102-02.jpg
謎の棒が吊り下げられてて、使い方に悩んだり


20141102-03.jpg
チタンピストすげーと撮影会が始まったりw 私は借り物のピストに伝統的なギアで走ってて、こっち方面が性格に合うかと感じてからフレーム買ってもいいよなあと考えてるので、あれこれと見ておくのは参考になる。

競技は、スプリント予選、エリミネーション、1000mTT、ケイリン予選、ケイリン特選、スプリント1/4決勝、スプリント順位決定戦と・・・競技と言うより練習会に近い。こんなに高強度で何度も走る機会は無かったなーと。 美浜クリテの落車で胸部を痛めたのと、今回の競技会で高強度で走ったことで、肋骨付近の肉を傷めたorz 休養をとらないとなーと。













20141102-11.jpg
前日は、トヨタの86をレンタルしてみた。本来の予定では、王滝ハーフマラソンへレンタカーでドライブ試乗しつつ移動すれば一石○鳥だなと考えていたのが、アレで大会中止。レンタル日を1週間ずらしておいたらこんな大会あるんだ・・・大会の2日前までは晴れ予報だったし、自転車積んで試乗もありだと考えた。

以前にアクセラを借りたのもその一環で、確実にMT車をレンタルしようとすると・・・狙ってる車種とは違うがコレくらいしかない。3本ローラーとフレームと車輪1セットをナントカ積める程度のトランク容量で、バッグは助手席の足元に置いたw

ブルベで前輪のハブ軸にライトを固定してライトの照射角度を固定したら、前輪を外したくない。前輪を外さずに自転車を積めて、横で寝れて、安い自動車というコンセプトで今の車を選んだ。最近は、ブルベでハブ軸にライトを付けなくなって、車中泊の頻度も減って、レース前にクイックとブレーキとハンドルくらいは確認するよね? という考えから、車輪を外しても良い・・・決戦ホイールはホイールバッグに入れて移動するようになった。それなら、違うコンセプトの車を選ぶのも有りか???

この車は、低回転域は十分なトルクがあって、中回転域は足りなくて、高回転域はまーこんなもの。低いポジションで雨の夜道だと車種よりも道に慣れてる奴の方が早そうだなぁ。。。6速2000rpmで約80km/hと、レンタカーでオプションてんこ盛りだけどLSDはノーマルっぽい。高速道路を流すとこっちのデフで良かったかなと。2日で走行距離が650kmで燃費が12.6km/Lくらい。

公道でアクセル全開&全開なんてそうそう出来ないし、高回転域を削って中回転域のトルクを厚くして、荷物を載せれるようにして、高速道路走行での遮音性を上げて、MT設定のある車種で、燃費が良くて、雨のレースでも自動車のリアハッチを開けたら屋根になって、そこそこのトルク(遠征が多い想定だと)で、駆動方式に拘らなければ・・・あれっ? (要求項目を1つ減らせば選択肢はあるのだが・・・)

平田クリテ

C2(上級)ですよって言うと
微妙な反応が返ってくるけれど
長時間ハアハアしたいなら
AACAを走ればいいじゃない?
それに、私はコーナー遅いんですよ orz



アップを兼ねて、寄り道しつつ平田へ。
考え事しながら堤防を35km/h走
近頃の雑誌でそんな記事があったなぁ。
私が乗り始めた頃は
インナーで30km/h@100rpmじゃなかったっけ?
いろいろ思うとこがあるけれど・・・
そういう事を考えて走ってたじゃないですw
輪中内に降りてからはインナーでまったり。

ローラー貸したるとの言葉を受けて
3本ローラーでもアップする。
自走と会場で合わせて2時間くらいか?
ロングライド派なので
これくらいしないと調子が出ない。



序盤
2人がやや飛び出し気味で
なりゆきで、自分が集団先頭へ行き
なんとなーく、ブリッジしたら
ハンパな事すんじゃねー。
お前の持ち味を活かすにはなぁ・・・と
チームメイトから教育的指導が入る。

某チームのT尾キャプみたいですね。



中盤
次にどうしようかと考えてたら
hiro206さんが逃げた(逃げてた)
チーム員を見失うなんてまだまだですね。
ま、無理して前段待機する必要無いなと。

VTR250 筑波サーキット 1分14秒台
https://www.youtube.com/watch?v=dFAVOPSuf0U

直線で速度が乗らないからこそ
オーバーテイクしていった大二輪より
最終コーナーの進入での
操作が少なそうだし動きもスムーズ
(ラップタイムは・・・)

というのを思い出す。
前日に見ておいて良かったw
自分の無理の無いクリップ通過速度で
スリップから大外れせずに立ち上がれたら良しとした。



終盤
この人数でなら、やって良いなって気になり
コブを超えてhiro206さんが吸収された頃に
集団でスプリントが開始された模様。

右の人が捲くってきて
左前の人が・・・あらあら。
肩を擦りながら通過も有りだけど
自分に出来るかな?
このレースの、この局面で
ソレは無いよなと思って、
緩めて、踏み直して、距離無くて
流れに合わせて終わり。
シード権取得まであと少し。

不本意な動きに影響される位置から
発射するほうが悪いのだから
もう少し良い位置を走れるようにしないと。




Dist:88km

乗鞍合宿 → 安曇野練

20140809-01.jpg
土曜に三本滝で固定ローラーしてたら見られてたらしい。

なんで奥美濃CCの合宿に参加したんだっけ?

記憶があやふやだ。乗鞍合宿の翌日は安曇野練へ。台風による悪天候で、普通の雨で済みそうなのが安曇野しか無かったというのも理由のひとつ。安曇野へ誘われたのも理由のひとつ。



安曇野練は、夏のフットワーク練のコースと比較して、標高差は半分以下の代わりにアップダウンが多い。冬の大垣レーシングの練習のように? 低速で集団走行に慣れる練習から始まる。アップダウンもそのままの隊列で進行なのはA日大学っぽい気がする。自転車が縁で知り合ったのだから、皆で一緒に走ろうよ・・・最近どうよとコミュニケーションを取りながらかな?

チーム代表が練習参加者の脚や技能を確認しつつ、徐々にペースが上がったり戻ったり。練習会に初参加でルートも勝手も分からないのを差し引いても ”自分、出来てないなー” という部分を体感する。 勝手が分からないならなお更、コミュケーションが大事だよとアドバイスを頂いたので、 「1人千切れたよ」と声を出すと ”そのまま行くよ” ってハンドサインが来た。そのハンドサインは初めてみたwww その先が高負荷区間で、その先で調整しましょうって意向らしい。参加者を迎えに戻るのはフットワーク練と一緒

お互いのことを知らなかったり、集団走行に不慣れなのに速度を上げたり、レース強度で集団走行なんて危ないだろぅ。ハンドルとハンドルがぶつかっても怖くないよね? 人が居ないと出来ない練習をしましょう。もっと言えば、ここのチーム代表が公的機関と組んで自転車教室を主催するくらい、基本が大事ですよってことかなと。事故をすると考えていたようには自転車に乗れなくなるのだから。



堤防でチームTT練を挟んだ後に、山の麓の短周回路でエンドレスモード。事情により大島さんに弄ばれモード。天気が良くて、参加者が多かったらどういう走りになってたのか・・・いわゆる”練習会”になってなのか気になる。 残ってるスタミナを吐き出させられ、胃の中の物も吐き出しちゃうんじゃないか状態になって・・・前日に酒類ををチャンポンしなきゃ良かったw こういうルート設計で、参加者の脚力差によらず、全員のスタミナを吐き出させるのか。参考になる。 ん、登りゴールにもなってそうなのはカトー少年にも通じそう。
Dist:118km



元気な序盤で千切りあい、疲れたらずっと牽いてもらって、距離や速度を稼いで練習した気になるのは誰でも出来る。その逆は難しい。低速での集団走行は、過去の成績もあって現時点でも一緒に走れてカリスマ性のあるリーダーが居ないと統率がとれないんじゃないかなーと。

比較的身近なところでは、岐阜市車連の役員の方々は素晴らしい成績を残しているけれど、ロード練で教導して頂くには難しいかもしれない。 どういう練習会か知らずに参加したから、感じたコトを優先できたのかも。次回は、あの大石代表って見ちゃう。。。

大石代表の紹介
http://homepage2.nifty.com/lavenir-oishi/aboutme/aboutme.htm
プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。