変態紳士見習いによる雨対策

【状況】
BRM423静岡400km
気温:12℃→15℃→12℃くらい
天気:雨→強雨→雨→曇り
風:あり



登山サイトから
①濡れない
②末端(手や足)を温める
③体幹を濡らさない
④体温を下げない


ブルベの場合でも役に立つと思う。「①濡れない」は無理としても「②末端を温める」と「③体幹を濡らさない」は出来そうだ。特に、体幹(首~胸~腹~股)を保護出来れば体温低下も防げそうですし、昔のAR中部のホームページには”寒さ対策として腹と足の甲にホッカイロを~”と書かれてあったのも参考になる。そういうわけで、今回の服装はコレ

・夏用インナーシャツ
・夏用長袖ジャージ
・秋冬用長袖ジャージ
 (パールイズミのサーモドレス生地)
・秋冬用タイツ
・秋冬用グローブ(水を絞り易いw)
・冬用靴下
・真冬シューズカバー
・コンプレッションソックス
・ウィンドブレークベスト
・レインキャップ(透明のツバ付)
・レインシューズカバー(無いよりマシな程度?)
・コンビニ合羽(400円くらいの?)
 (袖を切ってベスト状にし、上のみ着用)


スタートは小雨。コンビニ合羽を羽織っておく。30km(PC1)で夏用長袖ジャージを脱ぐ。100kmあたりの風雨を凌げる休憩所で合羽をホームセンターで売っているインナーにメッシュがある物に着替える(1000円くらいの物)上のみ着用。安い合羽のズボンは破れる(笑) 蒸れる(笑) 裾がチェーンに絡む(笑) まあ、裾を縛れば良いのですが。

登りでは合羽の前面のチャックを開けて換気。合羽を着ると蒸れるので心拍を上げ過ぎない&急に冷やさない(休憩時間は短く)ことを重視した。休憩時間を長く取りたいなら店内・・・ブルベ魔人が店内で温かい食事をするのは体力回復の観点から合理的だと思う。コンビニ飯を屋外で食べるのより回復度合いが違います。私はヘタレていくデータを録りたいから食事を適当にしてますw  雨粒がうっとうしい時や、眼鏡のレンズが曇った時はレインキャップ(透明のツバ付)の透明部分を利用して眼鏡のレンズの隙間から前方確認。合羽のズボンは更に気温が下がった時に履くつもりだったが使わなかった。恵那からの夜間走行では、トイレ&HOT缶コーヒー&お菓子の休憩で暖を取るのをPC以外で2回ほどはさむ。残り100kmあたりで雨が止んだ。残りはほとんど市街地&郊外なので”遭難は無い”と考えて手持ちのホッカイロを腹に貼っておく。コンビニでホッカイロを探していたが、この時期は店頭にないようだ。ホッカイロで暖が取れたかはともかく、緊急時に有るか無いかで状況が変わると思う。エマージェンシーシートは持っている(まず使わないが) 私は合羽を着続ける選択をしたが、ほぼ同じ時間帯を走っていた人は合羽をここで脱いだようだ。ペース配分も雨対策も人それぞれだから単純な比較はできないけれど・・・気になる。




そして


⑤雨の日に走って雨天走行に慣れておく
私は雨の日に琵琶湖一周したり、馴染みの峠で色々な天気でタイムトライアルするくらい準備してました(笑) 雨の登り坂でタイヤがスリップする事やマンホールや橋の繋ぎ目の出現パターンを推測できると安全に走れます。この記事は『私は、こういう対処をした』です。寒さや雨への耐性は個人差があるハズですので、これは参考程度にして自分なりに試して欲しい。道具は貧弱だけど方針は外して無いんじゃないかな?


防水性
透湿性
値段
携帯性
それらを考えると
袖の無い合羽がベストだと思う(笑)
もっとも、良い道具を使った方が快適なのは間違いないと思います。何がお薦めかと聞かれたら、金を握りしめてプロ(自転車屋や登山に強いスポーツ店)に相談するのが良いのではと返答しておきます。
スポンサーサイト
プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR