中日西濃駅伝

「そんな走力で大丈夫か?」





会社の人が取引先から「御社も参加してはDo-Dai?」と誘われ、社内で仲の良くて年齢の近い者でチーム編成したらしいのだが、フルマラソン4時間が2人(自分を含めて)と完走が数人という状況。そんな走力で中日西濃駅伝を走るつもりなのかと尋ねた。翌週のハーフマラソンとはペースが全然違うし、その後の自転車イベントを考えるとハーフマラソンもLSDのつもりだったのだが、そういうことなら走るわと。

走る区間は一般Bの第1区でエース区間(笑) 昨年のタイムをぐぐってみると、4min/kmでそこそこ。4.5min/kmだと後方争いになるようだ。4min/kmはフルマラソン3時間を狙う人のペースだったり、市民ランナーで「走れます」と言うても周囲の人が納得するペース・・・追い風平坦基調とは言えレベル高すぎー。ちな、一般B(陸連登録者の居ないチーム)

自転車乗りに分かりやすく例えると、ランドネ等で「俺、ちょっとは走れるよ」と自信付いてる人をホビーレーサー(中級) ~ 登録者(E2、E3)と走らせたら・・・どういう結果になるか想像すればだいたい合ってて、自転車初心者をいきなりレース参戦させると・・・言わずもがな。かな?



これまた、自転車乗りに分かるような完走報告にすると、選手用のバスに乗せられてスタート地点に着いたのがスタート1時間前くらい。そこから(ジョグ、体操、トイレ)×繰り返し→水分補給、アップ、着替え、・・・と1時間くらい使って招集場所へ。良いスタート位置を確保するよりも防風対策の取れる場所を考えた。サポート員が居れば狙いは変わってくるかもだけど、ロクなタイムも順位も狙えないからどーでもいいか。「完走目指して頑張るぞー!」って側ですし。



20140216-01.jpg
序盤は集団内(集団? 先頭とは想定ペースが違うから、前方から失速してくる人もあって集団というか2列3列の棒状。ヒルクライムレースやロードレースみたい。いや、駅伝はレースだわさ)で良い位置を得られるようにレース思考で動き、中盤はひたすら耐えるタイムトライアル思考。終盤は”ここでの1秒ロスが、後の人に・・・”と駅伝思考。最後の1kmで一旦頑張るも失速(笑) 中継地点は役場の敷地内で折り返し区間があってげんなりするも、次の走者の呼び出しの時間を稼ぐ為なんだろうなと。もう少し序盤のペースを落とした方が結果は良かったかもと思うが、駅伝経験もランニング経験が少ないから仕方が無いところ。個人的な感触で一般Bの半分か少し後ろくらいで上出来じゃなイカ? 風邪引いたりで2月に入ってからランニングしてないし。

20140216-02.jpg
(一般Bの第1区→第2区の中継地点)

チームとしても、第4区から第5区へのタスキが数十メートル足りなくて繋がらないという駅伝を味わったそうで、当初の「そんな走力で大丈夫か?」という疑問に「大丈夫だ、問題無い(初参加で様子見だから)
という結果が得られて満足です。



来週は浜松シティマラソン(ハーフ)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR