平田クリテ

アップ代わりに木曽三川方面へ寄り道して、レース会場まで1時間30分ほど。木曽三川から平田までが思ってたより遠かった。チーム員もそれぞれ自走したりと所在不明なので、ベンドさんとこにお邪魔してた。



レースはC2(上級)で、距離はオープニングラップで周回板を確認すれば良いんじゃね?くらいの適当な気持ちで招集場所へ。ローリングスタートし、1コーナーの手前で前の人がペダルをはめてた。ってーことは・・・あーなって、そーなるのか。理に適ってそうだが、直前にやれと言われてやれるかは謎です。

ホームへ戻ってくる。「くんか、くんか。今日は千切れ祭りの日ですかー?」と感じとって前へ。スタートから10分くらいで計画通り(?)に後退する。自分のコーナリング速度はイマイチで前方待機の方がリスク高そうだ。「私が処刑ライダーだ!(私より後方だと着外完走があやしいぜよ)」とか、「疲れたー」とか、「(高校生に)前ドゾー」とやってるついでに他人の動きチェック。

私が巡航に達するまでの速度の伸びでカバーしてるとしたら、黒ジャージの人は立ち上がりで数人抜いてる様に見え、赤ジャージの人は巡航速度から仕掛けている様に見えた。どれが良いのかは個人のスタイルにも因ると思う。黒ジャージの人の動きは、以前に見た人(軽やかに加速していく?)とも違うようで不思議に見えたし、私が「疲れたー」と言ってる間にポジションアップ=私の走りにはサボってる時間が有る。ということなんだと解釈した。

1コーナーで、お□ちゃんが名前を呼んできた。”見られてるやーん、このまま後方待機じゃあかんやーん”ってことで、残り周回数をチェックして様子をうかがう、ぼーっとしている、まごまごしていると2コーナーで落車発生。その周?次の周?のバックストレートで後方から上がっていくと、最速王さんが数人の先頭集団までブリッジか、後続を千切るアタックかをするタイミングで、運よく後ろを取らせてもらった。

で・・・このまま走ると中切れ作って悲しくなりそうなので、先頭へ出てコーナーへ。流れに身を任せてゴール。もう少しコーナーが速くなれば違うやり方も出来そうだなと。いろいろな局面で足の確認を出来て良い練習になりました。チーム練ではこうはいかなく、ある領域からはレースが練習になりますね。



レース後も似たような道を走って帰宅。今年からツールド西美濃という110kmの公道レース???をやるらしいとの噂を聞いてたこともあってか、”西美濃・DE・TOUR”と見間違えた(笑) 文字の並びがおかしい(TOUR・DE・西美濃じゃない)と気付くか、単語を覚えろよって自分ツッコミ。レースの疲れの所為か、もともと頭がおかしいのか。。。
20140323-03.jpg


NOAH RS
WH-7850-SL
総走行距離:110km
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR