JBCF比叡山ヒルクライム (E2 34位)

去年の支度具合を思い出して
早目早目の移動。
荷物預かり所までの道中で声を掛けられ
その人と一緒に行動してた。
スタートまではw



レースはペース配分考えずに全開としてみた。
最大心拍の92%って出るんだと感心する。
ヒルクライムで出したこと無いや。
私の中ではスプリントやアタックを除けば
平地の個抜き3kmやTTで使う領域。

3分くらいで先頭集団の20人くらいから脱落
6分くらいで完全にオーバーペース
抜いたり抜かれたり、ずーっと我慢の走り。
乗り換えに困るほどトレインがあるわけでも無く
脚が合うのか不明で緩急にも憑き難い。

残り2kmあたりで
3分後に出走したE3のトップ2人に抜かれ
直ぐ後のE2の4-5人グループに乗っかる。
ちょっと呼吸を整えて状況確認をする。

平坦基調の区間で2人対5人?なら
E3のトップ相手でも追いついてしまう。
「どうすんの? これw」と声を掛ける。
「止めましょう。我々は順位を狙う立場では・・・」と。
デスヨネー

先頭に出たときは少し抑えて車間を空け
特等席からトップライダーの見学モード

登り返しで並走して踏んでいくものだから
”あそこがゴール前の登りか・・”
と準備したら残り500mじゃねーか。
AACAよろしく、アタック合戦というか
力と力の勝負・・・一騎打ちの作法だなーと思った。


こちらは数人で形だけのスプリント
(後続に追突されないよう、蛇行しないよう)



RIDLEY NOAH RS
サドル:FIZIK アンタレスVS
コンポ:アルテ6700
ギア:52/39 11-25T
車輪:前後コスカボPRO
タイヤ:MAVICのなにか 23C
車重:8.0kg(サイコン、ボトルを除く)

結果:34位/63人(24分54秒)
平均心拍:170bpm
平均ケイデンス:80rpm


こんな登坂力でBRM614中部600は大丈夫か?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR