BRM531近畿400km 「のとイチ」

<背景>
走行ルートは”金沢~内灘~輪島~狼煙~珠洲~見附島~恋路海岸~柳田~能登島~氷見~小矢部~城端~福光~金沢”で、主催者の説明には”25年前から開催されている石川県の名サイクリング大会,「ツール・ド・のと400」のオマージュとして同コースをトレースして能登半島を一周します”とある。

ツールド・のと400のオマージュにインスピレーションを受けてネタ収集してた。 何を閃いた(インスピレーションした)のかっていうと、複数のジャンルをかいつまんで感想記を書くと、今回のルートは「人生の逆打ち」なのデス。

<逆打ちルート>
(前田家墓所はルートから離れてる)
 ↓
金沢の武家屋敷
 ↓
内灘の恋人の聖地「サンセットブリッジ」
 私の中で、夕日は成熟したイメージ
 ↓
能登金剛の機具岩(夫婦岩)
 ↓
輪島の「せっぷんトンネル」
 ↓
珠洲の「恋路海岸」
 ↓
花咲くいろは、城端の「True Tears」
の聖地巡礼(舞台探訪)
 ↓
前田利家はロ●コン
 数え12歳の従妹を室に迎えたとか
 (当時は常識の範囲内だったらしい)



兼六園に設置されている
大人の風格のある
前田利家像ではなく
赤母衣姿の若々しい石像を撮影したくて
ゴール後にK野さんのツイートから位置情報と
ギリギリ隊のゴール時刻を推測し
尾山神社へ向かったんだけどね。

ブルベには旅の要素が含まれているが
人生も旅だと例えられている。

この人生は旅である。
その旅は片道切符の旅である。
往きはあるが、帰りはない。
この旅でさまざまな人と
道中道づれになる。
それらの人と楽しく
スムーズにやっていくには
人生のパスポートが大切だ。
それはお辞儀と挨拶である。
  (吉川栄治)




<本編>
140601-ZZk.jpg
(注 個別に写真をアップする気がなくなる写真枚数。
(注 2段目の写真は予習に該当しますね。
    北陸平家物語紀行とか

同じチームジャージの人と走ることとなった。
ネットで知り合った人のため走力が不明。
 (大阪産もやしの、c8uさん)
似たような体格の人なら合うペースにしたので
破綻するようなことはなかったが
自分が無理してなかったか?
 相手は無理してなかったか?
ホントのところはどうなのだろう。
やはり、お辞儀と挨拶は大切ですね。

PC1のトイレは混雑すると想定して
手前の道路沿いの休憩所へ入る。
トイレの壁画を撮影し
目に映る景色と比べならが走行。
志賀原発のアリス館ってなんだ?
微妙に気になる絵柄な気がする・・・

ヤセの断崖を過ぎたあたりから
昼御飯を何にするかの相談を始める。
ちょっと気になる店は営業時間前。
店の前で待つのもなんだか勿体ない。
輪島の朝市に間に合うかもと
ちょっとペースアップした。

朝市は、店の撤収準備も仕舞になる頃だったw
店舗を構えた寿司屋で昼御飯にし
すぐ横の永井豪記念館も覗いてみた。

腹ごなしのマッタリ走行中に
千枚田へ立ち寄ったり
せっぷんとんねるをロードシューズで歩いたりw
変な形の岩を撮影したのもこの区間。
狼煙の灯台へは行かず
豆乳ソフトクリームでおやつタイム
PC3珠洲あたりから
夕御飯の相談と、温泉の提案する。
恋路海岸(恋路温泉)では早過ぎる。

マラソンで訪れたことのある
和倉温泉をターゲットに桜峠を通過。
スマホで風呂の営業時間を調べて
その時間をターゲットタイムとした。

穴水から海岸線を走るが
思ったより距離があって
途中で休憩を入れた。
直ぐ先に某アニメで有名になった
西岸駅があったとは、詰めが甘いorz

PC4で他の人を温泉に誘うが乗ってこなかった。
(私も、登坂前に食事に誘われて断ったことあるが・・・)
和倉温泉 総湯では
先着者が足湯に浸かっていた。
またまた勧誘に失敗し、私たちだけで館内へ。
400kmのブルベで温泉に・・・と思うかもしれないが
ここは約280km地点になる。
600kmブルベの300~400kmで仮眠やらを計画するなら
そんなにおかしな行動じゃないだろうと考えてると
レーパンの布すれが沁みる・・・
 塩泉じゃないか!
汗(塩)を流そうとして
塩(湯)に浸かるとは???
風呂の後は洋食屋へGO
温泉街の飲食店ガイドで調査済
風呂までのルート沿いにあったのもポイント高い
風呂でホッコリ食後にマッタリ

再び走る。
城端まで一気に行けそうにないから
氷見でトイレ休憩&忍者ハットリくんロード散策

再び走る。眠くなってきた。
2人居ても寝るスペースに困らないとこを探す。
屋根のあるバス停はベンチ2個無いし
2台の自転車を外に出すのか?
無用心だな・・・と迷ってるうちに
小矢部の道の駅に到着。
ここで1時間強の仮眠

こんな調子で走ってるから
日が昇ってから登坂して
快適な気温で下山になるように
城端で太陽を拝めば良いやとなった。
城端駅にも萌えおこしに関する物があって
駅舎が開く時間は・・・と調べる。
立ち寄ってみる。
駅に萌えグッズが無い!
道路向かいの建物に引越ししてたようだ。。。
そちらの営業時間は一般的。
ちょっと城端の市街地へ寄り道して
ポスターを拝んでおいた。

輪島から狼煙へ向かう道と同様に
医王山の登り返しがヴィジュアル的にやばい!
標高差や斜度といった数値はたいしたこと無いが
「もう下りしかないハズ」とか
「ずっと先が見える」といった精神攻撃は
写真や動画では伝わり難いのだろう。。。
誰だ、こんなルートを考えたやつは!?
こんにゃくを投げつけたくなった

健康ランド金沢ゆめのゆ
風呂と飯と仮眠してから帰宅。
午前6時からは昼間料金になる。
早くゴールしても・・・ねぇ?



140601-X1k.jpg
140601-X2k.jpg

GIANT TCR SL1
前後:WH-6700
ギア:50/34 12-25T(10速)
備考:アウターのみで、25Tは使わず
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: お疲れ様でした

後ろの人にブレーキを引かせないよう
ペダルを回し続ける良い練習になりました。
そして、gdgdな観光ブルベに付き合ってもらったりw
こちらこそ有難うございました。

お疲れ様でした

お疲れ様でした。
アウター縛りでゴールされてしまいましたね!
いろいろ気を使っていただいて1人じゃなかなかできない観光ブルベでした。
ありがとうございました&またよろしくお願いします。
※中部600のルート見ましたがあれはあかんやつです!
プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR