JBCF栂池ヒルクライム (E2 39位)

<背景>

今年の中部600kmは山岳
(600kmで獲得標高12,000m???
完走出来るかふわんだ(何故か変換できない
 ↓
不安は冗談半分としても
参加者全体を把握してるような
これまでのような走りは無理
マイペースで、ややゆっくり目が関の山
 ↓
自分の登坂力ってどんなもんだっけ?
 ↓
ガチレースで推定してみよう
 ↓
面白いデータがでそうだろ?



5/18の仁坂坂
10'23" 299watts
(4.75w/kg)63.0kg計算
Ave:157bpm、64rpm

比叡山で
Ave:170bpm、80rpmだったことから
パワーキャル的には
24'54" 299watts以上
 (こんなに出てないだろうが・・

20min@284~299watts
(4.51~4.75w/kg)63.0kg計算
  ↓
60min@270~284watts
(4.29~4.51w/kg)63.0kg計算
FTPがこんなに出たっけ? 実感ないなー



<レース前日>
倉田さんのアドバイスに従い、早めに栂池の宿に着いて栂池で昼食を探した。食事が終わると1時20分頃で、なおっきさん到着が2時くらい? 一緒に行動しても良さそうで、空いた時間でスタート地点を確認しようと高原から国道方面へ下る。

しゅん君がペダリング(右脚と左脚の動き方)を気にしてたので 「前日に気にしたって仕方がない。生活習慣からも左右差は出来てしまうヨ」 とアドバイスしつつ、なおっきさんと一緒に走った方が良いなと更に考えた。ちょっと待って、なおっきさんとコバさんと実走&固定ローラー練。ヒルクラ合宿のようだ
20140608-00.jpg

(私は途中のチェーン張ってあるとこで千切れたけど)
実走部分の参考に↓

なおっきのぶろぐ 栂池前日トレーニング
http://blog.naokki.com/2014/06/07/5404/



<レース当日>
最近の傾向としてサインシートと検車に時間がかかるので、天気もなんとかなりそうだしと早目にサインして、実走アップ。私は最後尾付近からスタート。平坦になる3つか4つ前のコーナーまではチームメイトを視界に入れてたが、そこからさよなら。ホテル街は4名のトレイン乗車。 風呂屋付近で先頭交代。

前日のチェーンが張ってあったあたりで安曇野の大島さん?にタダ乗り。 「この区間は無賃乗車したかったんよー 有難う御座います」と声を掛けて前へでると「今日は、上の方は荒れてるかも? 俺に気にせずガンガン行ってー」と返事が。

この先はひたすら我慢・・・メーター見たり、前日の話を思い出したりと、抜きつ抜かれつ・・・抜かれる方が多かったかな。という感じでゴール。

20140608-01.jpg

Time 1:06:32
AveHR 166bpm(84%HRmax)
MaxHR 174bpm(91%HRmax)
AveCAD 82rpm

GIANT TCR SL1
7850-C24 TU
PANARACER Race-A Evo2
↑「私の使ったことなくて、お勧め頼む」と言った結果


前日にクライマーな人達と触れ合って、ガチレースで具合を確かめて、反省。反省。 「ブルベは達成感が多く得られるけど、レースは反省感が多く得られるよねー」とは、レース後の体育館の駐車場で声を掛けて頂いた人の言葉だけれど、そうだよなーと。来週のブルベの登坂区間は、今回の走りを意識してゆっくり走ってみよう。ゆっくりなら出来る・・・ハズ



栂池からの帰りに、トイレ休憩もかねて大王わさび農場
20140608-11.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR