BRM614中部600km 「全部乗せ」

<背景>
今回のルートは、「信州そばマップ」+「山麓一の麺街道」・・・ラーメンツアーなのですね? 2013年の中部300kmでラーメンツアーをやったことはある。 そして、「ブルベの練習はブルベでやる」という言葉や「200kmを1ブルベとして・・・」とか、「300km走って仮眠して、また300km走れば・・・」と聞いたこともある。今回の600kmは300km×2と考えると・・・ラーメンを何杯食べることになるんだろう。胃もたれしそうだw

胃もたれといえば二郎系。今回のブルベを二郎系で表現すると 「キョリナガメサカミチシャドマシマシ」と唱えるのがマナーです。ロット見出しは悪です。 #BRM614 全部マシマシ(全部乗せ)は凶悪ですねwww

2日間のうちで何かは食べないといけないのだし、どうせ食べるなら・・・と調べていくと、丁度いい具合にグルメポイントが散らばっていた。前回のラーメンツアーから得たことは「メンカラメニンニクアブラマシマシ」の逆・・・塩分や脂分を控えめに、チャーシューや野菜をトッピングするのが良い。コンビニPCで炭酸飲料と和菓子を補給すると調子が良かった。 栄養学とか食品学で何と言うのかはしらないが、脂こってり系は腹に溜まって直ぐにエネルギーにならないってところだろうか?



<本編>
30分遅れの最後尾スタート。
福井から来た人の吸収は上手くいかず。
初600がコレだなんて・・・

マスクをしてる(A木さん?)とは
ナンダカナダで放生峠まで一緒。
喉がガラガラになるからマスクしてるんだとさ。

放生峠の下りでツール缶を拾う。
状況的に参加者の物と思われ
荷物を増やして岩屋ダム登坂。
PC2で、有人スタッフに渡す。


20140614-01.jpg
馬瀬ラーメンはメニューを見て初っ端から心が折れる。 ”全部乗せ”というタイトルにひっかけると、チャーシュー & タマゴのトッピングに麺大盛りか・・・(ヾノ・ω・`)ムリムリ タマゴだけトッピングしておいた。 PC2馬瀬までに10人とここで約10人居るが大丈夫だろうか?

野麦峠を明るいうちに下れるかが前半のポイントだと思う。@rainkle、@Muuanへ挨拶だん。ベテランの人達は完走出来なくとも上手にDNFできるから問題無いというか、このあたりが完走とタイムオーバーの境目の走行帯かな?と把握する。ちょっとペースを巻きすぎた? いやいや、今回はルート前半に目的があるから仕方が無い。

@fuumadouを吸収して西ウレ峠へ。 ”斜度がキツクなったらLAPボタンを押してインナー変速”と考えてたら、LAPボタンを押せずに登坂完了。微妙な追い風だったのかも。シークレットポイントで撮影時に写ったMTBかシクロバイクの人は高山ラーメンをリサーチ済とのこと。

20140614-02.jpg



20140614-03.jpg
西ウレ峠を下る途中にある、蕎麦屋”そば処清見庵おおくら店”をピックアップしておいたが、トンネルの直後に右折でなんとなく危なそう事故現場付近なことと、ルートの反対車線ではブルベ参加者が釣られて食べに来ない・・・と考えてルート進行方向沿いの ”助さ” へ。 オートバイでツーリングしてる人達とお約束の会話を楽しむ。



PC3高山へ到着
「よもぎうどん食いに行こうぜー」と
周りの参加者や自動車スタッフへ声掛け



20140614-04.jpg
”よもぎうどん”は、道の駅 ひだ朝日のレストランにあるメニューなのですが、私は山菜が好きなのではなく、高山から野麦峠へ向かうルートで最適な休憩スポットだと思ってたからです。何年か前の中部600kmで野麦峠を往復した際は、ここが往路で有人チェックポイントになっていたし、良い場所で休憩出来ると峠越えの難易度が下がります。 よもぎうどん以外にも飛騨肉、朴葉味噌、豆腐、漬物、アイスクリームとあるメニューを選んだのは、全部乗せだからです。ドヤァ



道の駅は15:30にリスタート
明るいうちに登坂完了
20140614-05.jpg



薄暗くなる前にダム湖まで下山。@rainkle、@Muuanと再会する。やはりこの走行帯が時間内完走かどうかの位置っぽいが、ベテランの人に着いていっても役割を果たしたことにならない。ダム湖近くの蕎麦屋に興味を引かれたが、とりあえずPC4まで走りきる。早目にちょっと仮眠とか、後続のチェックしつつ1時間残しのリスタートで勘弁してもらう。



サラダ街道は速度が乗らなかった



20140614-06.jpg
塩尻駅前のラーメン屋へ突撃。高山ラーメンにもそういう傾向が見られるのですが、駅前の店 & 深夜まで営業となると・・・客層や味が推測できて・・・しかし、そういうとこかファミレスしか夜遅くには開いてない。(手打ち)蕎麦は早朝開店の売り切りで店じまいという形態のように思えた。ここではチャーシュー麺

そんな走行時間帯にもかかわらず、山形村役場の近くに公的なトレーニング施設?があって、蕎麦の看板に明かりが点いていた。気になったが、塩尻のこっちの店の名前の方が気になった(気に入った?)ので、こちらへw



勝弦峠はピークが分かり難くて嫌い
PC5岡谷へ到着
ここで役割解除(一時的?)



杖突峠を他の参加者と適当に登って
寒い高遠を抜けてPC6伊那へ
適当に補給してリスタート
単独走行のA田さんや
ガレ道の早い3人組に抜かれたり
綺麗な路面で抜いたり。



PC7下條のリスタートが6:00頃? 道の駅 信州新野千石平で仮眠と五平餅待機。食堂は9時からで、売店は8時からと考えていたが、8時頃から開店準備が始まり、炭に火を入れて・・・という流れだった。 「(制限時間的な意味で)都合があるので早くしてよ」とは言えず、向こうもプロですから半端な焼き方で・・・とはできないでしょう。でも、聞いておけば(駄目もとで交渉しておけば)良かったかな? 今度はそうしてみたい。

@mostro_di_monteと、食堂のモーニングを食べた。こちらの人も、ラーメンツアーに釣られた人で、ここの食堂のメニューに伊那ローメンがあるのを気にしていた。私も気になってた。が、朝の内はモーニングしかやってないとか、どうやらメニューには無いらしい(要確認)とかで、ラーメンツアー的にはここでDNF

五平餅ツアーもありだったが、そっちもここでDNF モーニングを食い終わった時間になんとか五平餅の準備が出来たそうで、あとちょっとが待てなかったなぁと。まあ、千石平で五平餅を食ってたとしても、日曜の愛知県内は気温が上がってて食欲減。足助で食えそうに無かったから、DNFするのも時間の問題だったかなと。



2日目は普通の人
100~150wattsでしか踏めてない。
 (体重の1.5~2.5倍)
リュック背負ってて重いし。

PC8でアイス食べて
段戸トンネルへはまったり登坂
足助で反対車線の店を目視確認してたら
進行方向沿いの五平餅店をスルー
痛恨のミスorz

県道33号にある自販機で休憩
道路脇で休憩はエレガントじゃない・・・
雨沢峠の手前のミニストップでアイス休憩
PC9瀬戸ではゼリー休憩


最後まで踏まなかったよと
緑化植物園脇でも区間計測してみた。

20140614-11.jpg
最大心拍:191bpm
身長:170cm
体重:62kg
FTP:263watts設定
 (4.2watts/kg)

ヒルクライムは滅多にしないが
今回の山岳ブルベに備えて
本気でタイム計測
 JBCF栂池HC:66分
 JBCF比叡山HC:25分
 JBCF伊吹山は去年55分?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

Re: タイトルなし

マスクのA木様

> 初の600㎞でロードデビュー半年ちょい
まじっすかー?
経験豊富な人の走りかと見てました。

ロード半年頃の私は、パンク修理が不安ですとか言ってて・・・今もチェーン交換は店任せ。走り以外の面で色々と不安だったりします。昔と変わりませんね(笑) 自転車屋の店長を含め、色々な人から見聞きしてきましたので、私の走りが参考になると言うのなら、私が見聞きしてきた人達が素晴らしかったのでしょう。。。次の人達と情報を共有するためにスタッフとかいかがですか?

ブログ拝見しました。序盤でナンダカンダご一緒させて頂いたマスクのA木と申します。その節はありがとうございました。おかげさまで無事認定完走することができました。
初の600㎞でロードデビュー半年ちょいの初心者の私にとって、いいペースで安心感のある走りは、後ろ着かせてもらって非常に気持ちよく走ることができました。大変参考にさせていただいており、その後の自分の走りに大きく影響がありました。勝手に師匠だと思っています。
また何処かでご一緒できたら嬉しく思います。お疲れ様でした。

Re: ツール缶

mizutama♂様

お疲れ様でした。
特急停車駅を基準にDNF決断は良い判断だったと思います。
下条~千石平~設楽で身動き取れなくなったら笑い話になりませんもの。

かなり重量のあるツール缶でしたが
そんなに詰め込めましたっけ? というのが拾った感想でした(笑)

ツール缶

放生峠の下りでツール缶を落とした者です。

ツール缶を拾ってもらい、さらにPC2まで運んで下さいましてありがとうございました。

落とした時点では気づかず、しばらく走って西ウレ峠の下りで気づくという体たらくでした。

今回が初の600kmでしたが、寺坂峠への上りで膝が痛みはじめ、塩尻にてDNFしました。正しい判断だったと思いますが、何かもやもやした感じが残ります。

でもなくしたと思っていたツール缶をわざわざ拾ってくれた人がいたとは、うれしいですね。

本当にどうもありがとうございました。

Re: あの日はホント、ダメでした><・・・

> 風磨堂さんオツカレサマでした。

牽いたというか
道の駅の活用と合わせて
あれが全部乗せ四天王の攻略法なのです。
参考にドゾー

腰の痛み?などの体調うんぬんではなく
序盤のオーバーペースが原因のDNFなら良いのですが・・・

あの日はホント、ダメでした><・・・

こんにちは!
風磨堂@fuumadouでございます。
先日は、西ウレ峠方面へ牽いていただき、
ありがとうございました。
やはり回復せず、高山でDNFしました。
こんなに坂が上れなくなったのは初めてでした。
「この先行けるか行けないかを判断できる」
ってのが、経験なのかなという気がしてます。
お疲れ様でした。ではまた。
プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR