高地登坂のまとめ

20140713-90.jpg

★FTP
 自称 270watts(4.35w/kg)
 公称 250watts(4.03w/kg)
これくらいだと言っとくと
「そんなもん・・・か?」と思われて丁度良い。


★出力ダウン
チーム員から高い所を走るとパワーダウンするという話を聞いて、自分がどれほどパワーダウンするのか確認してた。高地補正を8%として230watts(3.71w/kg)とでも言っておけばいいか? 平湯峠(標高1600m)程度でもパワーダウンしてるし、標高2300mを超えた辺りから一段変わる感じがするから高地補正を一定値にするのは無理がありそう。


★ペダリング
これもチーム員からヒントを聞いてた。即興で全区間でそのペダリングは出来ないだろうが、そのイメージは大事。即興で出来ない理由は、サドル位置や成型インソールの話でもあるように、これまでと違うことをしてこれまでと違う負荷を筋肉に掛けると短期的には良いこと無い。 また、激坂で蛇行するような速度・ケイデンス域では上支点を越すのに精一杯で、下支点にまで気が回らないのでは?と。

①ケイデンスで75rpm未満はペダルを踏み抜かないように(斜度のキツイとこでペダルを踏み抜くとFTPを簡単に越えてしまう)、 ②75~85rpmあたりは下支点を踏むペダリングを参考に(これが何故良いかはチーム員のブログを見てもらうとして、ブルベの場合は入力を進角させ、ペダルからの反力でサドルの荷重を抜くと尻の痛みが軽減できる)して、 ③85rpm超はいつもの平地を走る感覚。 シッティングだけで3種類は意識してたのか。



斜度の緩くなり始めるとこに注意して走るのもやったし。。。春までのブルベ(ロングライド)と夏のレース・TTTへの移行期間に良い耐久走と頭の勉強になりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR