BRM328静岡「井川300km」

色々な人のルート作り、走り方・装備を見聞きし、真似して自分らしい走りを組み立て、それを見た他人が「その走り方ありねぇw」と感想を持つ・・・持ってもらえると嬉しいかな・・・。そんな人と人を繋ぐ橋のような存在になりたい(恥ずかしいセリフ禁止!)ということで、久しぶりに静岡ブルベに参加した。



今回のルートに注釈をつけると
http://yahoo.jp/iay8pU

(参考資料)
国土交通省>長島ダム>・・・>大井川流域に架かる吊橋
http://www.cbr.mlit.go.jp/nagashima/oigawa/bridge.html

(参考資料)
国土交通省>国土地理院>・・・>古地理調査>狩野川・安倍川・大井川
http://www.gsi.go.jp/kikaku/kano4-0.html



渡河の歴史や人々の交流を考えると適度に古くて実用性重視の物件が見られそう。 

<川幅・周囲の変化>
150329-22.jpg
 ブルベのルート上。駿河湾に注ぐ。

150329-23.jpg
 走行中に振り返って撮影ポイント決定。
 静岡200kmで渡った橋が見える


(七曲の写真は撮ってない)


150329-27.jpg
 正面は赤石山脈・・・大井川の源流か?





150329-21.jpg
 蓬莱橋を撮影して時間調整
150329-13.jpg
まだPC1オープンには早いねぇと前を行く人に声を掛ける。その人が大井川に架かる最下流の橋の上で記念撮影に停まるので 『大井川・・・橋・・・これだ!』 と今回のネタ収集テーマを決めた(笑) それでもオープンギリギリに到着。

今回の走りはマイペースでダイエット。速い人に憑いていきません。坂とか無理と思ってたが、平地巡行はソコソコいけそうなので、金谷からちょっと頑張って牽引しようとすると道に迷ったサイクリストと遭遇。東京→大阪はやったことが無いので島田→掛川のルートに詳しくは無いけれど金谷駅付近から・・・県道381号とかを・・・とスマホのグーグルマップと合わせて説明。丁度良い休憩&気分転換になった。 川根家山の桜はマダ。塩郷の吊り橋がそろそろ有るはずだ、PC2のコンビニトイレは混雑するハズ・・・手前の道の駅フォーレなかかわね茶茗舘で周辺地図と道の駅の地図(トイレ場所)を確認すると・・・

吊り橋を通り過ぎていた。
テンションだだ下がり!


この距離を戻れと? 看板が在るか分からん。 復路で寄ろうか? 日暮れまでに峠攻略すると難易度が下がるからそれはちょっと・・・と考える。翌日に撮り損ねた塩郷の吊り橋探索をした。自動車で。
150329-30.jpg
 キャンプ場の看板に興味を引かれた直後に
150329-31.jpg
 ダムが現れて気を獲られた。
 電柱近くの案内看板を見落とし。
 余所見がダメってのはこういうことですね。
150329-32.jpg
 塩郷の吊り橋から。
 写真左側の道がブルベルート。

テンション下がった状態でPC2到着。こうなったら折り返し地点(PC3)の売り上げに貢献しようと、軽めの補給でスタート(パンを咥えてリスタートという早い人の真似)をすると、AJ静岡のスタッフにパンを咥えて出発する写真を撮られて遊び発生。1時間前にスタートしているwaoyaさんのTweetから位置と時間を計算するも追い付けそうに無いし、所要時間はトントン?何分負けてる?・・・と、Tweetで情報戦して遊ぶ。

150329-24.jpg
 千頭の2本先のトンネル手前で吊り橋を発見。

150329-26.jpg
 先の写真と逆方向から、ブルベのルートを見る

150329-25.jpg
 これくらいなら自転車を立て掛けれる

テンションが回復しました!

南アルプス大橋接阻峡大吊橋は、往路から見ると立派だけど、白くて新しそうで、復路で写真撮影してみようと脳内地図に描き止めた。復路で確認すると、吊り橋?の基礎部分がコンクリート製で 「なにか違う」 とスルーした(笑) 井川ダムへのルート上では前走者をなかなか捕まえ切れず、どうしようか・・・別の人を捕らえてこの先のコースプロファイルを聞く。その後に吊り橋発見。
150329-28.jpg
150329-27.jpg
 写真の左側にはブルベのルート。
 前方に見える雪を被った山は何だろう?
 私と入れ替わりで他のブルベ参加者が吊り橋に吸い寄せられました。

復路の井川ダム提の手前に夢の吊り橋という看板があったが、その吊り橋に至るであろう道路に通行止めの看板が在ってスルー。 前走人を見つけ「(私は登り遅いので)どうぞ、どうぞ」 『(いえいえ、追い付いて方が・・・)どうぞ、どうぞ』 「どうぞ、どうぞ」『どうぞ、どうぞ』 「『(じゃあ、御一緒しますか)』」 という雰囲気で熊切をのんびり抜ける。 途中で同行してた人と別れた後に吊り橋発見!

150329-29.jpg
 正面に見える道がブルベのルート(国道362号)

対向車や追い越していった車の走行音の変化、正面の山の輪郭から坂の距離と標高差を推定して森町へ登坂。GPSやコースプロファイルが無い方が色々な感覚を頼ろうとするから面白い。 下りは日が暮れ落ちるかどうかの時間帯で、自分が想定した通過時刻に対して及第点レベル。

PC4に19時過ぎに到着。これより夕飯調達任務とする! 目的の店でサイコンの記録を止めて入店の準備を・・・さわやか掛川本店も、自家製ハンバーグの喫茶店も、その先の回転寿司も、遠州掛川食堂という○○食堂チェーンも、ファミレスのデニーズも、(店名に興味をそそられた)ラーメン ジェット屋も満員っぽい。土曜のゴールデンタイムに駅前の飲食店で飯にするのがこんなに難しいとは・・・掛川駅過ぎまで眼鏡に適う物件無し。菊川で飲食店を探すのもリスキーだなと考えているとイマイチな客入りの喫茶店を見つけてイン。ハンバーグを注文。

牧之原への登坂中にパンク発生。時間調整も兼ねてじっくりと確認。PC5吉田までで適当な飲食店を見つけられず、遊湯の里(http://www.healing-e.com/spa/)で風呂&休憩してからゴールするには入館時間が微妙だったのでスルーして、23時頃ゴールと言う汗を流すのに難儀する時間となった。
島田蓬莱の湯(http://www.hourainoyu.jp/index.html)は23:10最終受付なので、22時までにゴールしないと厳しい。そういう時間で帰って来れるならホテル泊もありだけど遠征費が高くなる。牧之原SA下り線のコインシャワーという情報を貰いここで仮眠とした。

翌朝は撮り損ねた塩郷の吊り橋探索、道の駅川根で朝風呂&お土産購入。「さわやか掛川インター店」で昼飯が見えてくる時間となって向かうと、開店時刻に到着したのに満員&順番待ちという謎! この人気具合だと土曜の夕飯時の混雑ぶりは当然か。。。 外食・宿泊に苦労するブルベでした。



<購入物>
PC1 草大福
PC2 パン、ゼリー、水340cc
PC3 カレー、お茶
途中 補給食2本、コーラ350cc、水340cc
PC4 補給食2本
途中 ハンバーグ定食、紅茶
PC5 水340cc

<ログ>
150329-11.jpg
150329-12.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR