TT練

自宅 → 多賀大社 → 多度大社 → 自宅、ね。

前々日、前日の豊川稲荷詣で?で、豊川稲荷の参拝客が非常に多く 「なんで、こんなに人が多いんだ?」 → 「松の内だから」 → 「いやいや、なんで?」 → ここの参拝は止めて、豊川に予約した宿を目指す。途中で熊野神社に立ち寄る。地元民らしき人が1人居るだけ。この参拝客数の違いはなんだ・・・社務所に 「初詣は氏神様から」 という御札が貼ってあった。ま、そうだよなっと思い、地元の神社 → 南宮大社(美濃一宮)と参拝し、今年は暖冬なので(この2週間後に濃尾平野でも降雪がありましたね)関ヶ原越えも余裕だと多賀大社を目指した。関ヶ原越えは9℃くらいで余裕だった。



160104-01.jpg
2社目は、南宮大社。私的には大きな神社なのだが、三が日を過ぎていたためか片付け始めている屋台が大半だった。参拝客もほどほど。地元の神社だからと、裏道から参拝して一之鳥居をくぐってR21へ。多少は融通を利かせても良いじゃろ・・・とか考えてると不破の関あたりで後輪パンクした。日本の神様はツンデレらしいから仕方ないか?



160104-02.jpg
3社目は、多賀大社。中山道沿いの一之鳥居をくぐる。中仙道を走るとこの鳥居に遭遇するが、これがなんなのか分からなかった。ツイッターでココが一之鳥居だと教えてもらった。ま、くぐった先に工業団地があって神社内の雰囲気が無いのですがw
二之鳥居?の手前で交通規制されており、交通誘導員に挨拶してみると・・・具合の良い駐輪場を教えて頂いた。三が日だったらこれほど良い駐輪場は使えなかったっぽい? 多賀大社は参拝客が多かった。



豊郷町の玉屋という食堂で昼飯とし、R477石榑トンネルを使って三重県側へ。今回は冬の時期に関ヶ原&石榑越えとなっているが、交通量や路面凍結の可能性を考えると200kmのルートとするには難しい・・・獲得瑞道長さが走行距離の約10%(走行距離300kmで、トンネル合計30kmの想定)となる、トンネルツー練くらいにフザケタ企画だが無理っぽい。初詣企画でなければ・・・初詣じゃなければ意味が薄くなるか?



160104-03.jpg
多度大社の何番目の鳥居? 入口の東側でクルマ用祈祷所の近くの鳥居。クリートカバーは使用しても、階段が多くてロード用シューズじゃ歩きにくい。。。 南宮大社と多度大社は参拝客が多かったが、正月三が日ではない所為か、鳥居をくぐる時に一礼する人が多かったし、周りも他人の参拝作法を待つ余裕があった。ナカナカ興味深い。(多賀大社は裏から参拝したのでわからない)


Dist 138km
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR