スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM409中部300km 「タンデム試し乗り」

「タンデムって脚が合わないと大変でしょ?」
そんな言葉を何回か聞いた。脚・・・ギア選択はある意味どうとでもなるが、走行ライン・・・例えば、市街地を白線~クルマの左タイヤが通るであろう部分にマンホールやアスファルトが荒れている場合で、それを避けないか避けるか。避けるにしても右か左か・・・この考えが合わない方が大変な気がした。 とても細かい事ではあるけれど、数百kmとなると精神的なストレスががが。そういうのも含めて 「脚が合わないと・・・」 との言葉なのかも。





16409-02.jpg

タンデムで走りますアピール
前回のブルベ(中部200)の後に駐車場内をちょっと乗っただけで、実質的にブルベ当日が初乗りw 本部の横に固定ローラーをセットし、ペダルとサドルの高さを弄りつつ、ペダルを漕いで参加者に見てもらってた。オーダーメイドのフレームに体格の多少違う人が乗る不思議・・・母者のクロスバイクで初めてのブルベを走ったこともあるので、完走するだけなら拘らなくても良いし、拘ってないフリして、他人の機材選択を 「なるほど~」 と味わって遊ぶのも有り。

自転車
 フレーム:ドバッツのオーダーメイド
 コンポ:電動DURA
 フロントギア:スギノ 48T/34T
 リアカセット:12-28T 11S
 タイヤ:SCHWALBE MARATHON 25C
 ホイール:MAVIC OPEN PRO (?) 
 前後ディスクブレーキ
 前輪ハブダイナモ
電動コンポなら、サテライトスイッチ欲しいわ~(理由はのちほどw)





フレームが捩れる感覚が異質
9時ちょい遅れでスタート。スタート直後の左鋭角ターン(こんなルートを作ったの誰だよ、、、前に乗ってる人か)を恐る恐るこなし、不安げに走行する。低速域かつ微妙なハンドル操作や左右のバランス取りは、後ろに乗る者から分からない事が多く、恐い→ハンドルを握る→フレームの捩れを感じる→恐い→・・・ といったループに陥りやすい。ハンドルを強く握らないことが大事だし、翌日にフレーム製作者に聞くと前者の肩や腰を持つ練習も有りですヨ とのこと。

ダンシングでもフレームが捩れる感覚が異質。 極まれに息があって気持ち良くダンシングできる場合もあった。そんなわけで、、、交互にダンシングするのが良いと気付くw 前者がダンシング&後者がシッティング → 前者がシッティング&後者がダンシング。 そこそこ車体は安定し、そこそこ体重を乗せて踏めて坂を攻略し易い。  「次の電柱でダンシング交代ね!」 みたいな。 小学生のランドセル運びじゃないんだが・・・

ホイールベースが長い所為か段差を乗り越えたときの衝撃は少ないようだ。アルミのロードレーサー(GIANT TCR SL1)と比較するのが間違ってる気がしないでもない。 乗り味の楽しさも方向性が違うようで、あえて3人乗りや4人乗りの自転車にも乗ってみたくなった。長い車体に大きく揺れるような捩れ・・・バスや大型トレーラーみたいな乗り味だろうか? 全長1.8m ○ぬ気で追い越せ! ってさ





ギアが重かったら踏まなきゃ良い
全く冗談ではなく。 PC1藤岡を越えると本格的な田舎道。私は軽目のギアを回し続けていくスタイルで、タンデムのオーナーは重目のギアを漕ぐのが好き。 平地は2人分のパワー、上りは1人分と同等なパワーウェイトレシオ。 田舎道を2人分のパワーで快適走行⇔緩い登りでペダルを踏むといった、1人乗りよりも速度の上げ下げの幅が広く、ギアの変速回数を多くする必要が有るとこが難しそうだ。サテライトスイッチを後席に付けて後席からも変速出来るようにしたなら、ギア選択で喧嘩しそうw

重いギアを無理して踏むと、相手にとっては 「パワーアシストが効いて楽チン」 としか感じないから、 ギアを軽くして欲しいときは、あえて踏まない→相手はペダルが重く感じる→ギアを下げる→じゃあ踏もう。ともできる。 好みのケイデンスとかを言葉で伝えてはいたが、何百kmも走ってると毎回言葉にするのは面倒w 脚を止めたい時、コーナーが迫っている時の合図も、ペダルを踏む/踏まないといった感触が伝わってくる。前者と後者のクランクを繋ぐチェーンはパワーだけでなく意思も繋ぐ、知らなかったわ。





コーナーリング練習に良いかも
下りもナカナカ恐いが、後者は前を見て安全運転に徹する必要が無いのだから、オートバイの要領で・・・ハンドルに力を入れず・・・コーナリング中はイン側の壁面でも見ればよかろうw 視線を向けた方向に進みやすいと以前に聞いたことがある。

前方視界の大部分は塞がれている。肩越しに見えるガードレールや山の壁面からコーナーの曲率を予測して・・・自転車ではない何か・・・ボブスレーとかに乗るイメージか? 前者を信じれなかったり、びびって体を固めると操安性が悪化するハズなので性質が悪い。ちな、後席にブレーキは無い



16409-01.jpg
赤矢印の部分のパイプが楕円断面で剛性面で良い・・・らしい



後者の性格で寄り道具合が変わる?
新城まで下りてきて、そろそろ夕御飯。スタッフのS氏だったら 「この近くに酒蔵が・・・」 と寄り道しそう。私の場合は長篠城付近の店を調査していたが、その手前からブルベ参加者が居ないかチェックしよう・・・様子見してやろうw と提案して索敵開始。1件目でブルベ参加者発見。めばる君さん、風磨堂さん、toramamekzさん、金属好さん御一行だった。

鳳来飲食店完全ガイド > 福寿司
16409-03.jpg

PC3 新城有海でRC名古屋のスタッフの人の 「会社帰りに ちょっと コンビニへ(棒読み)」 との挨拶から始まっての写真撮影。段戸の登りでファイナルロー(34×28T)まで使ったらしいので、治部坂峠や新野峠を走ろうとするともう少し軽いギアが有ったほうが良さそうだ。低ケイデンスを多用することもあり、よりワイドなギア設定・・・48/34T × 11-32T とか 48/32T × 12-28T あたり? 長野へ行かないなら現行仕様でも・・・。

PC3 新城、PC4 足助で多数の参加者を確認し、これ以降はボリュームゾーンを抜けてしまった感があった。 来年は前後入れ替えて・・とか言われてるが、、、年に1回程度ならこういうのもアリかもしれないし、ブリーフィングで 「この中でタンデムに乗りたい方はいらっしゃいますか~」 とやるのもアリかもしれない。
試乗時間:16h20m
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。