東北日本海側サイクリング(4日目)

新潟からと、新庄からと、山形からと、古川(仙台駅の1つ北)からとで新幹線輪行した場合、電車賃の差は駅弁1個程度でしかない。 午前中にちょっと自転車こいで電車賃を浮かすことは遠距離逓減制(長距離乗車ほどお得になる)の計算式の前では意味が無く、昼前からところにより一時雨とのことで、汗まみれ&雨に濡れた状態で電車に乗るのは宜しくない。 山形駅周辺には銭湯があるらしいが・・・銭湯に入ってたら電車賃を浮かした分が吹き飛ぶw


160726-01.jpg
そんなことで、新庄駅から山形新幹線に乗車となった。 ミニ新幹線で在来線走行(≒140km/hで走行)は在来線の特急より静かで快適。当たり前ですが。 より高速走行をすると、はやぶさより横揺れの頻度が多く感じた。 山形駅から車内販売サービスが始まる。 「米沢駅まで待てるなら大人気の弁当を渡せますヨ」 と言われたが、昨日までの自転車旅行の所為で腹が減ったのか、どうにも待てない。


160726-02.jpg
160726-03.jpg
玉こんにゃくは山形の郷土料理だそうで、これはこれで食べてみる価値がある。 米沢を過ぎて投入されたのは米沢牛弁当で・・・まあ・・・そうなるなとw


東京駅ダッシュでのぞみに乗車して名古屋駅へ。名古屋駅のホームできしめんを食べてるとこだまが発車した。アレに乗ってれば岐阜羽島まで行けたが・・・最寄りの在来線駅から自宅まで20分濡れるのと、岐阜羽島から60分濡れるのと、名古屋駅から150分濡れて帰るのならどれも同じ。名古屋駅の北口(?)を西進すると東海大橋までほぼ一直線で自宅まで120分強で帰れた。自宅から名古屋駅は意外と近いのか?


4日目:約45km
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR