納沙布→ノシャップ (その3)

午前3時。ツーリストの朝は早い。
かるく伸びをして体の調子を確認する。
他のツーリストも目を覚ましつつあるようだ。
北海道の朝方は暖房無しでは心許ない。
「寒いですねー (もうひと眠りすっかな)」 と声がする。
手早く身支度して「それでは、お先に」 と返事をした。

------------------

1日目で懲りて屋内(ルゴーサエクスプレス)で寝るとは言えど、道東・道北の夜間は気温が下がるようで、服を着こんだだけの私は当然のこと、銀マットを敷いたりしてたライダーでも寒さ対策が不十分だったようだ。 平地の夏なのにね。 他の人が目を覚ましかけた頃を見計らって最低限の身支度をして、隣のトイレ併設の建屋で軽く朝食と出走準備をした。 午前4時前に移動開始。 3日目は宗谷岬経由の稚内泊の約200kmだが、時間に余裕が作れたらノシャップ岬まで回ってしまうと翌日の行動に自由が利くため、このような早朝出発とした。

170724-02_20170728202134759.jpg
07:10  セイコーマート枝幸店で朝食。 カツ(弁当)とカツ(ゲン) カツが被ってしまった・・・

170724-03_20170728202135b57.jpg
午前中は気温16℃で霧~薄曇り。 寒いような寒く無いような微妙なところ

170724-05_201707282021384d7.jpg
東屋の向こうが神威岬。 岬へ通じる道は南からも北からも落石通行止めになっていた。 国道はトンネルでショートカットされているので通行には問題無いがネタ集めも期待してた者として残念だった。 まあ、落石などで危ないからトンネルを掘ったのだとは思うが。。。



浜頓別を抜けて少し進むと、エサヌカ線の案内看板がでてきた。 この先がライダー・チャリダーで有名な猿払村道エサヌカ線。



170724-11_20170728202139e30.jpg
猿払村道エサヌカ線。 走ってて飽きたw こんな精神力だと北米や北欧は走れそうにないな。


170724-12_20170728202141258.jpg
道の駅 さるふつ公園で休憩。 暑くはないがネタ的にソフトクリームを食べた。 自転車乗りが北からやってきて挨拶&情報交換する。 稚内も朝方は雨だったとか、日によって気温が上下し、昨日は寒かったとか。 こちらは興部と湧別に無料宿泊所があるぞと。 ここで話した人は、舞鶴からフェリーと列車で稚内入りして2週間くらいの予定らしく、そっちの方が羨ましいところ。



170724-13_20170728203530864.jpg
170724-15_20170728203532835.jpg
宗谷岬到着。 この、自転車を持ち上げるポーズは何処発祥なんでしょうね、ヒルクライム系でしたっけ? ツーリングで ”俺の自転車は軽いぞー” って自慢にならんしw リュック背負ってるから写真で見るほどの軽装過ぎる変態アピールでも無い。 昼前に付いたので宗谷岬では手持ちの補給食だけとして先へ進む。 途中、佐川急便 稚内営業所へ立ち寄り、根室から送った荷物は明日(の空港移動前に)受けとりたいと伝える。


170724-17.jpg
稚内駅にある観光協会にて最北端到達証明書を受け取る。

170724-25.jpg
今回の旅の目的地、ノシャップ岬到着。 利尻島と礼文島は曇ってて撮影にはイマイチ。


170724-26.jpg
170724-27.jpg
昼飯にも間に合ったようだ。 夕飯までのインターバルを確認して大盛りを注文する。 明日は土用丑の日、 ”う” の付くものを食べたいよねーw と。 うに丼


170724-30.jpg
宿のチェックインまでには時間が余ったので水族館に立ち寄る



15:22 セイコーマート(稚内)宝来店で、自転車を拭けそうな何かを探す。 ウェットティッシュは洗浄力に疑問があり、洗顔シートは売ってなかった。 今回はトイレ洗浄シートで自転車掃除。 これで明日の飛行機輪行時に手の汚れが少なくなるハズ



170724-40.jpg
今日は稚内湾の見える宿。 大浴場のボイラーの調子が悪いのはともかく洗濯設備が無いとのことで、コインランドリーの場所を聞いて洗濯しに行った。 道中やキャンプ相当の宿泊時はともかく、飛行機や新幹線に臭い服で乗るのはマナー的にどうかと思いますし。

170724-46.jpg
夕飯はタコ料理

170724-45.jpg
3日目までに買い込んだ物を棚卸し。 ヒグマの鼻くそ(ココアピーナッツ)、きびだんご、標津羊羹はお土産へ転用可能な緊急時の食糧として1日目の釧路→根室の移動途中で買っておいた。 ホタテの貝殻は紋別で、コーラ?とアイヌの冊子は宗谷岬で購入。 面白い物を買ってこいとの要望に応えらえているか、お土産の数とリュックに収納可能な空き容量を計算して翌日に臨む。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR