BRM501中部600km  「千早の像…?」

ブルベは他人と所要時間を競うものではなく「ココ楽しかったよね」とか「こういうの有るよ」と情報交換をする…市民マラソンの様な楽しみをするものだと思う(交通規則を守った上での距離やタイムなどの自分に挑戦もアリ)。そうは言えど、これまでの完走結果から600もイケルイケルという気持ちでいたら、他の参加者の走行ペースが速くて驚きました。200や300では仮眠の必要が無いので適当に走ったり観光して時間調整していただけなのですね。そもそも、600走るのも普通じゃないのに、あえてキツイと評判のAJ中部(宇都宮、埼玉、静岡もキツイらしい)に参加する時点で猛者だと気付けよ自分ってカンジ。

走行ルート


平均勾配と距離から
野麦峠は普通の坂 
と考えて特に準備をせずに39/52@12-25Tのギアで突撃して酷い目に…。野麦峠だけなら10km未満の坂なのですが、その前のアプローチ区間と合わせて30km級の峠と認識しないとハマりますね。ハマった。mixiで知り合った、いしこうさんから”防寒装備は完璧に!!”とアドバイスがあり(出走前のブリーフィングでも長野は寒い。野麦峠は時間帯によるが、0℃付近も覚悟してくださいって)  それなら…カッパ上下、レインシューズカバー、シューズカバー、ウィンドブレークタイツ(パールイズミ製 5℃仕様)、冬用手袋(5℃仕様)、ホッカイロ…中部400kmで使用した装備をカバンに詰める。雨や雪(!?)が降ろうものなら全部使う事になりそうでした。荷物がありすぎ orz




【スタート~PC1】一宮~武儀
練習仲間のバンティアンさんが冷やかし半分でスタート地点に。AJ中部の場合はキューシートを配布する素晴らしいサービス(それを当てにして下調べしないのは問題ですが)と当日参加可という柔軟性があります。反射ベスト等の備品をスタート地点で販売していれば連行できた。序盤からハイペースだなあと思い、感化されて自分も関市街を抜けてから頑張った(笑) PC1で2010シーズンのブルベで御世話になっている痛ディスクのAbさんと挨拶「今日は元気そうだね。そういえば、600は初めてだよね…。」 …の部分には練習仲間など親しい関係になっていれば教えて頂けたであろう、重要だけど耳の痛い話しが続くのかなと思う。ベテランの人達はドカンと走って、何処かで仮眠しているのでしょうか? 今回はPC1で出発を見送って以降は途中で遭遇せず、ゴールで後ろからやってきた。 不思議だ。




【PC1~PC2】武儀~萩原
ダム湖は3人組のペースに合わせて走った。左側のみ膝と足先が内側を向いている人が居たが、知らない人から言われても困るだろうからスルー。途中で自転車を押している人が居た。3人のうちの1人が声を掛けてフロントフォークが折れたと聞いた。そんな事もあるのかと思い、落ちた速度を戻そうと踏み込んだ際に左足がビクンビクンって。序盤で遊び過ぎたのか、週1日でしかロードに乗っていないので身体が負荷に慣れていないのか? 道の駅で牛乳配達さんが到着。調理待ち時間が微妙だからと言って半分になったラーメンを押し付けた。




【PC2~PC3】萩原~朝日
食欲が無かったので、月見うどんにした。
よもぎを練り込んだ麺を頼んだが、味はべつに…?
コピー ~ DCF_0010




【PC3~PC4】朝日~松本
PC3をほぼ一緒に出発した人と走行ペースが似ていたので捕獲。冒頭の通り600初めてなんですが…と話しかけると『私も私も。200の所要時間が●●●だったので▲▲▲と思ったのに…今回の参加者はレベル高くて恐ろしいですね』だって。(・∀・)人(・∀・)カンチガイナカーマ
ああ、野麦峠
脚慣らしであるはずの寺坂峠の方がキツク感じた。急坂とソコソコの坂の繰り返しでは休む暇がありません。ここで削られた脚では普通だと思っていた野麦峠もキツク感じる。頂上の休憩所でウィンドブレークタイツに着替え、カッパの上も着て長野県入り。


峠より長野県側を臨む
DCF_0012.jpg
いい、野麦峠
暮れゆく山並み。登ってしまえば、そんなに不安じゃない。ハブダイナモあるし・・・。秘かな野望で『野麦峠で さよなら夕日 & おはよう朝日』をやりたかったのですが脚力的に無理でした。下る途中で他のブルベ参加者に道を譲って(私はコーナーと下りが下手だ)、その人がツール缶を吹っ飛ばしたので一緒に探したりした。




【PC4~PC5】松本~長野
キューシートでは役場前の信号となっていたが実際は○○小学校前という看板を見過ごした。交差点右側に役場っぽい建物や市町村合併によりウンヌンって看板を目にしたのに通り過ぎるのは注意力が足りないな。前方から明らかにブルベ参加者の人が来たのでサイコンの距離を見てコースミスに気付く。コンビニで現在地確認して復帰。その先にも怪しい交差点があって近くのコンビニでルート確認。GPSナビは持ってません。知らない土地でちょっと裏道コースを組まれると難度が増すのですね。明科あたりで2人組を捕獲。パスするほどでもないし、千切られるほどでもないので、なんとなく一緒に登坂開始。自分1人だけがハァハァしながら登っている気が…。下りで分かれて、また独り旅。数日前に聖高原からルート変更になった。 路面凍結の可能性があるからでしょうか? 道路沿いに仮眠ポイントが無いからでしょうか? ナニハトモアレ急坂が減ってラッキー・・・変更された道を進んでいくと13%や10%の看板とか変な位置にガードレールが(苦笑)
長野はどこへ行っても坂なのですね。
ケイデンスが落ちるとナンデ夜中に坂練やっているかと疑問が湧きます。



謙信ちゃんの銅像で折り返し地点

48334362_2212147226[1]
(アリスソフト 戦国ランスより 上杉謙信)

  +

48334362_4148842338[1]
(バンダイナムコ アイドルマスターより 如月千早 )

  ||

48334362_3539402790[1]
誰かが作ったMAD
 戦場のレギンレイヴ
  http://www.nicovideo.jp/watch/sm4533601

真面目に探した!
(先ほどの2人組とは別の人)同行者と銅像を探したが見つけられなかった。暗くて分かんないよ。私だけ違うモノを探していたからかも?  PC5近くのガストへ同行した人を連行した。飯食って5分くらい眼を瞑って休憩。同行した人は知人と遭遇した様なので問題無し。 また、独り旅。




【PC5~PC6】長野~松本
健康ランド(24時間営業の風呂&仮眠施設)がガストの近くにあった。ああ、ベテランはあっちで休憩して、余裕の無い人はこっちで休憩するのだなと(苦笑) 長野市から国道19号への道もやっぱり坂。10%の看板を見た気もするが、”長野だからしかたない”と思ってあきらめる。国道19号も傍を流れる川の流れをみて、松本までアップダウンしつつの登りと認識する。なかなか時間を稼げません。途中のバス停で仮眠している人が居た。屋根と3方は壁で覆われているが、コンクリート地面に木のベンチで扉無しで気温3℃…これは寒そうだと思うと同時に先にやられたなと。トンネル内で仮眠している人も居た。こちらは騒音がイマイチですが温かい。夜間の国道19号は交通量が少ないのでアリかも。ただ、通過する参加者に配慮してか反対車線の歩道で寝ておられましたが、人が倒れているのかと勘違いしそうだ。




【PC6~PC7】松本~胡桃島温泉
PC6を朝6時頃に出発。
乗鞍から吹いてくる風が気温より冷たく感じます。
うう、野麦峠
峠まで30km強で1100~1200mアップ
3時間…途中で挫折したらもっとか?
野麦峠を越えるまでが不安だったので
休憩少なめで走って時間を稼ぐ作戦でした
左膝が気になりバス停で休憩してから再出発
往路の野麦峠で会った人に復路の野麦峠で再会

14:あと4kmでアソコ(かなり上)まで登るのですかねぇ?
その人:俺も思っていた。アソコ越えて来たよなぁ?
14:ええ、野麦峠
   アソコを越えて来たんですよね?
14:私は左膝に違和感があるのでユックリですよ
その人:私はアキレス腱がヤバ気な感じですよ
14:みな、何らかの不具合が出るのですね
その人:笑。さっきの外人さんは日向で楽しんでいたしね
14:それでは、下のギアが無いのでマイペースで行きます
  (コンパクトなのかな・・・心の底から羨ましく感じる)


おお、野麦峠
コピー ~ DCF_0016
コピー ~ DCF_0017
乗鞍と御岳が綺麗に見えた。胡桃島温泉で冬装備一式をゴール行きのドロップバックとした。PC7兼仮眠所の居心地が良すぎて危ないので20分くらい仮眠して出発。それでも、時計を見ると1時間以上居たようだ。ここは竜宮城か? テラオソロシス




【PC7~PC9】胡桃島温泉~萩原~武儀
野麦峠を越えてからゴールまで向い風基調のようだ。尻も痛いし、喉と胃も微妙。口を閉じて鼻呼吸でユックリ走る。もしかして、他人の呼吸が荒く見えないのはそういうことなのか? 岩屋ダムの終わりでマタマタ違う人を捕獲。放生峠を通過してPC5まで残り15km辺りだったかな・・・急に眠気が襲ってきて、周りの物から視線を感じたり自分に突っ込んできそうに見えた。(本物の)トラクターを坂道で抜く事になりそうな状況になったので、ペースを落として眠気が襲ってきたって話をした。「俺もチョコチョコ寝たよ」とか「眠い時は5分でも寝ると違うよ」とアドバイスもらって、PC9でお別れ。誰かを捕獲しておいて良かった。あのタイミングでの会話や眠いとの認識が無ければ危なかったが、捕獲してたからPC9まで走れたとも思う。




【PC9~ゴール】武儀~一宮
5分くらい寝て眠気をとばし、意味の無い36時間切りを目指す気になって練習強度で走りました(爆) マフェトン理論によれば・・・走行距離が600kmなら、そのうちの10~15%は無酸素運動をすることに…そんな馬鹿な…(日記を書く際に調べましたが、急坂区間(無酸素運動とは言わないが、頑張る区間)の累計が100kmくらいなので…嘘っ ブルベでもこの理論が合うのか??) 関の街までを高速巡航し、関~各務原の坂はギアをかけて登る。市街地は安全重視で走った。園内道路では前方からLED2灯の自転車が向かってきた。ブルベ参加者に違いないと思って挨拶をしようとしたら自転車とランナーの女性2人組でした。もう少しで恥ずかしい目に会うところだったとゴール地点でスタッフに話したら『俺なら挨拶するよ?』とのこと。35時間31分だったから女性2人組に話しかける時間はあった。ああ、勿体ない。もしメカトラにあったら…、もし体調が悪化したら…と考えると制限時間が気になった。もっと速く走れるようになり仮眠もキチンと取れないと2日目・3日目が危なくて仕方ない。 この3日後にチーム練習で坂を走らされて酷い目にあったのは別の話。




2010 BRM501中部600 完走
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR