クリテ考

クリテリウム
├古典クリテリウム
├材料クリテリウム
├流体クリテリウム
├熱クリテリウム
├統計クリテリウム
├構造クリテリウム
├量子クリテリウム
├波動クリテリウム



昨年は『階層と階級・・・構造クリテリウムと表現しようw』について真面目――平田クリテで言えば、C2を完走することとC4やC5の集団前方で展開することは違う能力が必要かなと――に考えてたり・・・。

古典クリテリウムにしたがえば、あらゆる物体の初期条件が測定できればその後の運動(位置と運動量)を完全に記述できることが期待される。しかし、実際には、原子や分子、電子、素粒子などの非常に小さなスケールの現象(微視的現象)を扱う場合、粒子の位置と運動量は同時に両方を正確に測定することができない(不確定性原理)。また、原子や電子が粒子としての特徴をもつと同時に波としての特徴をもつ(物質波の概念)ことが知られている。一方、光や電波のような電磁波もまた、波としての性質を持つと同時に粒子としての特徴をもつ(光量子仮説)ことが知られている。このような性質をもっている量子という概念を導入すると、量子の確率分布を数学的に記述することができ(確率解釈)、粒子や電磁波の振る舞いを理解することができる。これを量子クリテリウムと呼ぶ。
1925年のハイゼンベルクの行列クリテリウムと、1926年のシュレーディンガーによる波動クリテリウムとがそれぞれ異なる数学的手法によって量子クリテリウムの基礎を完成させた。それまでに確立していた決定論的なクリテリウム考とは異質であるため、これらの理論が提案された20世紀初頭にはその解釈をめぐって大論争が展開された。
現在では、巨視的な物理から(原子スケール程度に)微視的なクリテリウムまでをほぼ完全に記述できると考えられ、量子クリテリウムに基づいて多くのサイクリング的な応用もなされている。更に微視的(素粒子スケール程度に)なクリテリウムまでを記述する理論の研究も行われている。(wikipedia改変)

私がいて、貴方がいるからクリテリウムになるのです////



大量の嘘を混ぜるのが私のスタイルですので期待しないでください。宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR