平田クリテリウム

現地までの自走も試走も心拍が異様に低い

普段通りに走っていても

気を抜くと直ぐに心拍が100bpm以下になる

『こんな日もあるんだなぁ・・・レース出来るか?』

そんな風に考えて、なんとなくアップ



スタートし

先頭の選手を確認して『今日はヤバイ!』と思った

笛が鳴って予想通りの展開

5~6人の選手が積極的に引いてたようだった



私?

集団後方をフラフラ走ってました(笑)

TCC SPEEDの7番?の人がバックストレートを繋いでくれたので
ホームストレートで「さっきは有難う御座いました」と声を掛けたり

変速不良の人に声を掛けたり

「繋ぐよ」的な発言やアイコンタクトしてみたり

大垣レーシングのAさんに「大丈夫?」と声を掛けたり

2 → 1 → 0 → ジャンですか?
2 → 1 → 0 → ジャンですか?
あっ 間違えました。
2 → 1 → ジャンですか?
2 → 1 → 0 → ジャンですか?
と聞いてみたり(完走狙いがバレバレ)

残り2周目くらいの1コーナー立ち上がって
「腰が痛くなってきんで、もう無理w」と言ってみたり

・・・そんなかんじで
下らない話をするウザイ奴って私かも(爆)
本家さんは集団後方へ墜ちてこなくて残念だった(マテ


真面目な話をしますと
コーナー立ち上がりで前走者から遅れなければ、平田クリテ特有のコーナー立ち上がりの鬼の加速中でもドラフティングは効くと思う。前後の人の様子を見て、加速しきってから誰かを利用するか、自分から前へ出るか、そのままかを判断すれば良いんじゃなイカ? 私には立ち上がり加速→直線で再加速なんて地力はありませんし、コーナーが下手なんで集団後方でコーナーの勉強。第4コーナーは上記のイメージがレース終盤になって出来るようになってきたけれど、第2コーナーはコーナー立ち上がって自転車1台分は離される感じだった。レース後に他人の話を聞いて、速度からくる目の錯覚や車間距離とタイム差や立ち上がり重視のコーナーリングがヒントになるのかなと(立ち上がり重視のコーナーリングってのはコーナーの半ばでイン側のタイヤを溝に落として・・・ってやつじゃないからな。周りの人と違うラインで走るって意味でも無いけど)。次回はそのへんの確認と練習仲間が前方へ上るのに合わせて上ってみる。特に仲間の動きに合わせて・・・が出来ないうちはチームプレイはムリポ。
まだまだ、レース展開を見る段階ではなく、1周回を部分的に攻略していく段階かなと。


とりあえずC2完走
dist:67km
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

あ!

もしかして14さんですか!

これは失礼しました。

No title

>青GのVOWさん

こちらこそ。
バンクや平田でお会いしますので構ってやってください。

お邪魔します

平田クリテの同じカテゴリーで走っていたモノです。

また、遊びに来ます。
プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR