ドラッグ

空気抵抗の意味で





TTスーツで検索してたらコレがヒットした。ソッチ系の人には有名な記事のようで、日本語で解説してあるページも沢山あった。このデータを基に1kmと540kmでのタイム短縮具合を単純計算してみた(笑) 元は40kmのTT@Ave50km/hでのデータらしいので、1kmTTでは参考になりそうな、540kmTTでは参考にならなさそうな。そんなところか?

110913-01.jpg

1kmTT(1000mタイムトライアル)で、メットで1秒、スーツで1秒、・・・などなど。と聞いた事があるけれど、冗談では無かったんだなと。1秒の短縮の為にアレコレ道具を揃えるのは嫌いじゃない。

540kmTTは、走行速度域が異なったり信号停止があることを考えると、計算通りになるか怪しいですし、DHバーは操作性に、スーツは快適性が損なわれ、メットは転倒時に首を痛めやすいらしい。そういうリスクを負って得られるのが最大でも数十分という話では、機材に頼る姿勢はどうなんでしょうね? これまでにも聞いていたように、ロングライドで1分1秒を削る走りをする気は無いとか、時間短縮のこつは休憩時間を削る事とか、機材では時間短縮の見込みが薄いから風向きを選べってことが数字で表現されちゃったんだなと。ホイール交換で何十分も時間短縮出来そうな気になってたのは何だろう・・・気合いが入るからか?w


ここまでが、mixiで書いたネタとコメントのまとめ
















ここからが本題

また、泥除けを買った(笑)

後輪用のフェンダーを前輪に装着してみた

側面も少し覆ってみた

110913-02.jpg
SKS-GERMANY.COM
RACEBLADE

真面目? に走る時は樹脂系のモノで覆うつもり


この形状で時速80km/hの風圧に耐えれるのなら、使ってみたいけれど

不安すぎる

想定外の使い方だろうな。上の表から類推すると540km走った時のタイム短縮具合はたいしたことなさそうだし、前輪(ハンドル)に空力パーツを装着するとハンドルが重くなったり、風向の変化に影響されやすくなるので危なそうだ。ステアリングダンパーがあればなんとかなりそうな気もしますが。とりあえず、サイドは覆わずにフェンダーだけで空力の改善具合を確認してみたい(笑)

これとは別で、DHバーは握れなくても、サイコンをステムよりも前方(DHバー)に取り付けることで、視線の移動量が減る≒安全 ということでアリかもしれない。快適性や安全性を犠牲にせずに空気抵抗を削減する方法を考えたい。下ハン握るのは空気抵抗の削減になるけれど、快適とは言い難いし、そのポジションで何百キロは無理っぽい。

そろそろ真面目なネタを書くよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

今回のネタは空気抵抗を減らして出来た余力で速度アップして時間短縮になるかどうなるか・・・ですけど、ロングライドでは空気抵抗を減らして出来た余力は使わずにマッタリユッタリ走っていつのまにか時間短縮・・・という方向性ですので、時間短縮のやり方が異なると話のまとめ方も異なるかもしれない。

心拍数と持続時間のネタが入って無いし
プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR