スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンコーニテストやってみた

機材:ミノウラ アクションローラー・アドバンス・ワイド
負荷:無し
自転車:TCR ALLIANCE1
車輪:WH-6700G
タイヤ:Hutchinson Intensive 23Cクリンチャー
空気圧:8.0bar
総重量:75.7kg
(自転車+ウェア+シューズ込み)


ウォームアップを適当に
もがいてみると最大ケイデンス160rpm
しょぼ過ぎワロス。
しかし、現状を受け入れないとね・・・。
先週の1000mTTの結果も踏まえ
最大出力はケイデンス120rpmと推定

1分につき速度を2kph上げると言われても分かり難い。
計算して、1分につきケイデンスを5rpm上げると理解すると
以前に10rpm単位でケイデンスを上げ下げして遊んだのを思い出した。
これだ! と

心拍が100bpmになったあたりからテスト開始。
50rpmってバランスが取り難くてツライナ。。。
100rpmあたりで52×16→15→14と変速し

予想通り、心拍170bpmでギブアップ(笑)
112022-01.jpg

ロードバイクの科学という本によれば
3本ローラーでの出力は
0.061×速度×重量 くらいだとか。参考程度でしょうが。
(タイヤの空気圧は9bar)

心拍170bpmで出力258W
・・・まあ、そんなもんじゃなイカ?


測定データを加工して
速度-心拍のグラフを描くと
112022-03.jpg

HRTは135bpmってことで良いでしょうか?





























112022-02.jpg

3本ローラーで50kph以上で走る経験が無かったり
高ケイデンスも低ケイデンスも難しかったりするので
無負荷3本ローラーでコンコーニテストって
スキル練の意味合いが強いなあと

また、これまでの経験から
170bpmから上は特別な環境でないと使えなかったりしますので
最大心拍・・・とは言わなくても、180bpmあたりまでもがけなかったら
テストの意味がなくね?
でも、意味がなくはないような?

そんな、狐に包まれた感がした
フォックス紺子ーニテスト



ローラー:38min
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。