春堂練

バンティアンさん、ごりさん、私。計3人

朝方まで雨が降っててフットワーク練をやるのかどうか分からないけれど、ホイールはWH6700GにHUTCHINSON INTENSIVEとロングライド向けにして集合場所へ。いつものメンバーが集まった。メンバー的に春堂練だけど、やったことは一緒w 今回は前回の記事に関する話で160bpmがHRTじゃね?といわれたことと自分の感覚から170bpmあたりでもスイッチが入ることを意識しつつ、6700Gを7850-SLと練習会強度で比べてみた。

7850-SL
 ハブ:チタン
 リム:スカンジウム合金
 スポーク:ステンレス
 スポーク本数:前16本、後20本
 クイック:純正
タイヤ:HUTCHINSON FUSION3
チューブ:MICHELIN AIRCOMP
カタログ総重量:前924g、後1140g


6700G
 ハブ:スチール
 リム:アルミニウム
 スポーク:ステンレス
 スポーク本数:前16本、後20本
 クイック:純正
タイヤ:HUTCHINSON INTENSIVE
チューブ:MICHELIN AIRSTOP
カタログ総重量:前1014g、後1276g

111023-01.jpg


ホイール、タイヤ、チューブのそれぞれでメーカーが揃ったけれど気のせいw
重量差は前後合わせて230gらしい。
(カタログ値)

登坂に問題無く、ペース配分や出力コントロールといった走り方で機材の評価が変わってしまうのでは?と感じた。実際、往路の鹿穴峠で某大学の人達と偶然合流し、峠の中盤からペースアップで距離が短かったせいか、ごりさんに鼻差だったけれど、金坂峠は前回と似た状況。谷汲からの登りも・・・。

平地ではスプリントした時に速度の伸びが少し無いなと感じた程度。しかし、平地や緩斜面でスプリントして千切られたのはパワー差であって、機材の差とは言い難い。練習後に海津方面を流してみたけれど、風が強くて判断できず。

ということで
そこそこのホイールに良いタイヤで十分なんじゃ?
TT競技にワザと低グレードを選択する必要は無いですが。
コーナーは知らん



HRmax:181bpm@往路
HRmax:183bpm@復路
dist:139km
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR