ふじのくにCYCLE FES ロードレース

完成前の高速道路を使ったロードレースに参加してみた。

カテゴリーは次の4つ
・実業団トップチーム程度
・アマチュアのトップクラス
・男子一般95km(年齢別)
・男子一般40km(年齢別)

常識的に考えて、男子一般95kmだなと。



コースマップはここを参照

高低図をさらりとみると
5km→12kmの区間
 約7km@1.3%勾配

19km→29kmの区間
 約10km@1.6%の勾配

55km→60kmの区間
 約5km@1.5%の勾配

73km→78kmの区間
 約5km@2%の勾配

高低図の右端が登り基調なので、登りゴールだと思ってたwww
鈴鹿サーキットのホームストレートが1km@2%程度なので・・・と、予習する。



111126-02.jpg
アップを終えたころ?



後方に整列してスタート。
集団内なら登りも余裕ですなぁと考えてたけれど、
富士宮への下り区間で、集団の中ほどは危険だと気づく。
緩い下りで視野が狭まり、前方が膨らんでいることもあり
前でブレーキを掛けられた気になるし
実際に掛けられていたりもする。
さらに、橋の段差やパイロンでコース幅が変わってトリッキー。
こういう位置で脚を貯めのは私らしくないし、落車のリスクが高過ぎる。

「ねぇ、良い順位をとろうって気持ちが無くなったんだけどw」
って隣の人に声を掛けたら

「僕は最初っから無いよwww」
ですって。さいですか。

ここから練習モードに切り替える。



先頭付近の選手に
「体力切れても良いから、先頭ローテに加わるわ」と声を掛ける。
というか、宣言をする時点でAve32kphくらい?
(時間と距離から適当に計算してた。実際は35?)
主催者の想定Ave40kphってなんだったんだw とネタも振っておく。
平均速度が上らないのは、先頭ローテーションが機能してないんだなと判断。
こんなペースはレースらしくない。
主催者の想定速度っぽくしたかったのと
下りで落車祭りと上りでペースアップのどちらが安全かを考えると・・・。

本来はナントカされてしまう要注意区間だと思ってたけれど
10km@1.6%の勾配ならナントカなるじゃろ?
時速30kphなら20分。FTPとかうんたらかんたら。



先頭ローテが機能しだしたような気がしたし
他の選手の脚見せアタックをチェックしたりで楽しかった。
時々、数人で逃げ状態になるけど
すぐに吸収されてしまう不思議。
もう少し上手く先頭を回すのと、下りでの位置取りという課題も認識できた。


4.5kmの下りのトンネル@微妙な照明はF-ZEROのように感じた


ゴールが近づき、いつもの状態になる。
あっさり集団最後尾に下がって、おしゃべりモード。
90km手前でサポートカーが『道路の右側を空けろ』と言って抜こうとしてたけれど
後からスタートしたグループが追い付いてきたわけでは無いし(何度も後方確認した)
こんな状態で、どうやって右側を空けるんだ? と愚痴りあうw
終盤で3回くらいは落車があったようで。

よくわからんレース(イベント)だったけど
高速道路でのレースは良い経験になったかなと。



111126-03.jpg
目標通り、11時30分には現地を脱出



111126-01.jpg

HR:152/178bpm
CD: 87/137rpm
SP:38.3/63.3kph
Temp:12/15℃
Dist:96km
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR