スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦半島一周? & 横須賀観光

4週連続の旧軍港巡りの4週目は横須賀。



161029-01.jpg
名古屋駅を06:46始発のこだまに乗って熱海駅下車。 この時点でおかしな点がイロイロあるのですが、個人的には名古屋駅から2時間も新幹線に乗る(自宅からなら約4時間)のがナンダカ割に合わなく ・・・名古屋駅を06:20始発ののぞみに乗って西に向かえば広島駅に到着してるし、新横浜駅から南下する方が一般的なような気が・・・ 前日までクルマに自転車を積んで湘南海岸のどこかで駐車も有りかと悩んでた。 横須賀は電車の時刻表的な意味で遠い



161029-02.jpg
熱海駅下車にして相模湾をぐるっと一周へ向かう。小田原に向かうまでにAJ神奈川のBRM1029神奈川300伊豆参加者に擦れ違うかと期待していたが、それらしき自転車乗りは数人というところか? これなら小田原駅まで輪行しても良かった気がする。



161029-03.jpg
お城スタンプラリーの東の端が小田原城ということもあって小田原城を目指したが、城が大きすぎでスタンプラリー台紙を何処で貰えばいいかわからないorz 適当に切り上げて国道1号を東へ向かう。 酒匂川を越えたとこで記念に1枚。



161029-04.jpg
あのしまが、えのしま
そろそろ昼御飯の時刻だが、観光地価格っぽい店とサーファー御用達の店とチェーン店しか無さそうな雰囲気で補給食のウィダーとシリアルバーを齧って走る。 葉山のあたりで良いペースの人が居て話を振ってみると横浜からぐるっと一周?とかで、私とは今日の予定がずれてそうな感じ。



161029-05.jpg
バイクスタンドに吸い寄せられるようにして個人経営の飲食店へイン。 熟成カレーやかつカレーというメニュー・・・自衛隊盛りという危険なワード・・・に興味をひかれたが夕飯にカレーを食べると決めていたので牡蠣フライ定食とした。 1日違ってたら熟成カレーが\500だったらしい。



161029-08.jpg
三崎港でマグロの旗をよくみたが、昼飯を食べたばかりなのでスルー。伊豆~小田原の道沿いには干物、国府津~二宮の道沿いには金目鯛の旗があった。 それらを全部スルーしてたので劔崎灯台くらいは寄り道しておこうかと。



161029-09.jpg
国道134号の野比の信号を直進すると変な名前の通りになった尻こすり坂=シッティング坂ですよね? ね? サドルに尻をこすりつけるようにシッティングのみでこの区間を走り、京急久里浜のあたりで川なのか運河なのかよくわからないものに沿った大通りを横須賀方面へ走り、湘南橋の交差点が自転車進入禁止っぽい匂いを察知して曲がって、最初の信号でターンして・・・と走ってたら衣笠駅の手間に来てた。 GPSナビを持ってても道路が入り組んでると道に迷いますねぇ。

横須賀中央駅の方へ向かい、駅前通りではハロウィンイベントが開催されているのを横目に走ると酒保鳳翔のブースを見つけて立ち寄り。国道16号へ出ずに一本手前のどぶ板通りをまったり走ってクールダウンとし、ホテルハーバー横須賀で自転車を輪行袋に包んでチェックイン。 時間が余ったので1日目に観光を狙う。



161029-11.jpg
記念館みかさを見学して

161029-14.jpg
VR体験も。 呉の大和ミュージアムでやれば良いのにと思ったが、横須賀の方が採算が合いそうなのだろうか(邪推) VR戦艦大和イベント 大和竣工時の外観や第一艦橋の内部をご覧になれます。(体験時間:約4分) と告知してあるとおり、ゲームのオープニングデモのような画面に沿ってVR体験。 ズームイン&アウトや艦内を自由に動きまわることはできないが、オープニングデモのような画面でも頭を上下左右に振ってみることは可能だったが、ノンプレーヤーキャラが挨拶してるときにキョロキョロと首を回すのってどうよ? 直立不動で答礼したくなりますね VR向けパソコンの推奨スペックはだいたい想像通りだった。


161029-16.jpg
よこすか海軍カレーを食べて

161029-17.jpg
酒保伊良湖へ向かったが、店舗前の待ち席があることに引いて撤退(笑)

161029-20.jpg
居酒屋信濃の前を歩いて

161029-21.jpg
酒保鳳翔へ。 ビルの2階の1室が店舗なことから以前(もしくは以前のテナント)は他の看板と似たような営業スタイルだったと推測されるが、若手の経営者とか青年会が今風の客を取り込もうと企画したのだろうか? 客層とメニューや料金は入店する前から判ってしまえるのが初めての土地で飲み歩くのに都合が良い反面、相席や隣席となった人と 「でゅふふふ、お宅は・・・」 と話すには自分が熱海から自転車で横須賀へ来て・・・というネタは会話の掴みにならないだろう(笑) 恥ずかしくないメニューの日本酒として酒匂と足柄を頼んで、長居せずにホテルへ戻った。こういう店に入る時点でバレバレだろうが。

161029-22.jpg
鳳翔で貰ったポスターがこれ。 今日がVR戦艦大和イベント開催の初日だったからだろうか? 店員の言う通り、体験会場で貰ったA4チラシとは趣向が異なるようだ。





161030-02.jpg
161030-03.jpg
翌日の朝はホテルで朝食をとってからヴェルニー公園へ。 午前8時の国旗掲揚を眺める。4週連続で。GPSなどで正確な時刻が判るはずなのに、各館の放送やラッパ開始の時刻が数秒程度ズレているのが不思議だなと。どの旧軍港でも。

161030-04.jpg
小雨混じりの中を出発し、浦賀駅前で秋物ジャージを脱いで、夏物長袖ジャージ+夏物半袖ジャージ+ウィンドブレークベストの服装にした。気温15度前後の雨混じりは服装選択が微妙で悩ましい。 天気は回復基調とのことで薄着寄りの選択とした。

葉山のあたりで1人に抜かれたが湘南海岸で追いついた。話をふるとヤビツに上るとのこと。ヤビツ・・・ヤビツねぇ・・・ この時期に峠に登るなんて変態だな(脚力的な意味で) 2人パックでというか茅ヶ崎~平塚だけ前を引いてそこまでは後ろに憑いたり少し距離を開けたりといったところ。 おかげで小田原へ想定以上のペースで進行できた。



161030-56.jpg
こんな風に寄り道するくらいにナ。 たわわ→さかわ(?)→かわわ 川勾神社ってなんだ? 大阪→東京で走った時にはそんな信号名は記憶になかった。

161030-07.jpg
ゴーゴーカレーが昼御飯。ロースカツカレーのファーストクラス(特盛)だったかな? 横須賀から小田原まで補給食ゼロだったので特盛でカロリー的に合うだろと安易な考えで注文し涙目になって完食。ここは並みか大盛りにしておいて、駅ナカでおやつを買って食べるのが正解だったような。

適当に券売機で座席の空きを調べて車両最後尾の指定席をゲットして小田原停車のひかりに乗るが、最後尾座席の後ろは大きなキャリーケースが複数個あって埋まってた。ひかりはジャパンレールパスで海外からの旅行者が愛用(のぞみに乗車不能)なので、こういうことも有り得るのか。。。 デッキに自転車を置くと直ぐに車掌さんがやってきて名古屋駅で開く側の乗降口を教えて貰ったので不便はほとんどなかった。こだまで約2時間とひかりで1時間強では快適さと費用対効果が全然違う。が、名古屋を早朝に出発のダイヤに名古屋→小田原ノンストップは無い。 やっぱり横須賀は遠い。

DIST 225km

佐世保&本土最西端(後編)

16102-21.jpg
佐世保駅に戻る途中、10時前でも営業してる店はあるかなと覗くと営業してた。 レストハウス・リベラという店の佐世保バーガー。 これを10時のおやつにし、自転車に備品を付け直して再出発。 SSKバイパスのトンネル前の信号を道なりに右直進する気にはなれずに坂の方へ。


16102-23.jpg
16102-24.jpg
道の駅 させぼっくすに、自衛隊No.1カレーというメニューがあるらしい。事前調査でなかなか名物カレーを見つけられず、ここしか無い! というつもりの目的地選び(笑) バーガーを食べてから1時間強しか経ってないが限定食だからランチタイム前に行かないと売り切れの可能性がある。 この後はどうするか・・・雨が止みかけているから海自佐世保資料館へ行ってもズブ濡れの人は・・・と嫌な顔をされないだろう。



先週に、なるさんが本土最西端に行ったとのことで、なんとなく自分も行ってみた。 写真撮影したらさっさと離脱。寄り道した分を巻き返そうとペースアップ。帰りはSSKバイパスではなく、県道11号を走ってみた。こっちも坂か。。。

16102-26.jpg

佐世保資料館に14時前に到着で、軽く見学する時間はある。 自転車は何処に停めていいのか駐車場をウロウロしてると係員からスピーカーで呼ばれ「本当に敷地内を見張ってるんだ」と感心してしまった。 館内は撮影禁止 呉の雰囲気から個人情報に関する物を展示しているから撮影禁止かなと察していたが、海自に配備しているミサイルのカットモデルがある所為かもしれないな。

佐世保市街地~大塔までのアップダウン&交通量多い&悪路にくるしめられ、早岐からは一般的な田舎の幹線国道といったところ。 山内パイパスや武雄市街はバイパス通行可能っぽいが、走行ペースをリセットするためにも旧道を選択した。肥前山口の江北パイパスは軽車両進入禁止となっていた。なんでココは進入禁止なの? 先日のニュースで見た、国道34号と国道207号の交差点形状変更工事現場から国道207号線へ入り久保田駅前の民宿に泊まる。

16102-27.jpg
リーズナブルな値段で、周辺の雰囲気から民宿の敷地内に自転車を置いてても大丈夫だろう(交渉したら屋根付きの小屋に入れて貰えた)、翌日も天気が悪ければ駅から輪行するにも程よい近さという理由でココにしてた。 反面、アルコール類の入手が絶望的でどうしたものかとマッタリしてたが、前日の寝不足もあってか直ぐに寝れた。



翌日は雨が降る?降らない? という微妙な天気のため、とりあえず自走で博多を目指す。 佐賀市で雨がパラつくも、大丈夫だと言い聞かせて走行継続。 新鳥栖まで来ても雨が止む気配はなく、新幹線の1区間利用に心が揺れる。新鳥栖~博多が
 新幹線利用で12分、1410円、時間3本
 特急利用で  26分、1270円、時間3本
 在来線利用で40分、650円時間2本
 自転車走行で?分、0円
といったところ。名古屋~博多の往復切符を購入済なので博多駅で一度改札口を出るのは面倒だし、ついでに国道3号の様子も確認したくて自走を継続する。 国道3号はハイスペックすぎて自転車走行は有り得ない想定なのか、オーバーパス部に歩行者・軽車両進入禁止の看板が無かった。(国道34号だと、佐賀市街地のオーバーパスはすべて歩行者進入禁止だが、軽車両進入禁止の看板は無かった。向かい風基調や信号停止が多いこともあって、すべてのオーバーパスは避けた) 大宰府からは国道の上を都市高速が走っていて構造物が屋根になって雨除けの効果も多少はある。


16102-28.jpg
11時前に博多駅到着で、飲食店が開店してるかどうかといったところのため、昼飯は車内販売の弁当にした。 弁当の絵を見ると今回のサイクリングルートと全く関係がないぞ(汗

DIST 299.2km (前編・後編合わせて)

佐世保&本土最西端(前編)

金曜の夜、新幹線輪行で23:56博多着(笑)

定時退社するミッションが一番難易度が高かった気がする。地元のJR駅での輪行までを急ぐと19時過ぎには名古屋駅に着いた。これなら1本前の指定席やホテルのショートステイと似た金額と考えてグリーン席を予約という手も有りのような、そこまで金銭リスクを負いたく無いような。 予定通り20:33名古屋出発に乗車する。今回も指定席の後ろに自転車を置くスペースが空いてた(任意の号車の最後尾席を指定しても、その後ろに自転車を置くスペースが余っているかは運次第なのでこれ以上の努力はしにくい) 携帯を弄ったり仮眠したりを繰り返して博多到着。 輪行解除して00:20頃。

博多ラーメンにするか長浜ラーメンにするか。SNSで釣り投稿するなら長浜ラーメンだろうと、警固の信号を中央卸売市場の方へ曲がる。 ぐるっと回って屋台を見つける。適当に自転車を置こうとすると 「そこは水道(の蛇口)があるので・・・」と。 ああスイマセン。 自転車を置き直して屋台の暖簾をくぐると 「すいません、今日は店仕舞いでして・・・」  ”えっ、先に言ってよ!” 仕方なく別の屋台を探すも、半分くらいは店仕舞いの様子で、もう半分は満員御礼&酒飲みの二次会・三次会のノリっぽくてラーメンを食べれそうにない。 いまから中洲に戻っても長浜と同じ目にあうだろうし、こんなことなら中洲の屋台で博多ラーメンにしとけばと後悔しつつも、豚骨スープ・餃子・チャーハン・・・コッテリしててロングライド前には体に悪いに違いないと言い聞かせる(笑) 名古屋駅のホームで蕎麦を食っといてよかった。



国道202号線を西に進む。都市高速の下を走るまで(天神~福重)は路面が非常に悪いしタクシーとバトルすることになってウンザリ気味。福重以降は急に交通量が減って走りやすい反面、無駄に信号停止させられてツライ。有田あたりからのバイパス部はアップダウンがありそうな雰囲気を察して国道202号へ迂回すると信号停止が無くてツライ。 この辺りのコンビニで夜食に御握り&コーラとし、雨具(ポンチョ)を被る。

筑前前原~唐津の今宿バイパス・二丈浜玉道路ともに自転車通行可能っぽい? 浜玉の交差点で福岡方面の看板を確認すると歩行者禁止とはなっているが軽車両禁止とはなってない。紛らわしい。。。 ま、自転車通行可能であってもインターチェンジの登坂路は(斜度的な意味で)走りたくないから気にしないでおこう。

博多~唐津~伊万里~国道35号へ合流と走って約100km 早岐警察署の前後でコンビニとコインランドリー(24hr)を見つけ、呉のときと同様に早朝の食事&衣類の乾燥&時間調整とした。気温15℃前後の雨の夜間走行だと室温調整してある場所が欲しくなる。 ここのコインランドリーをリスタートして直ぐ、国道202号と合流のような分流のような、大塔~佐世保はアップダウン&交通量多い&路面が悪いと苦しめられる。 なお、迂回路は無いんじゃないかな?



16102-01.jpg
佐世保競輪場近くのビューポイントに到着。あの艦が本日の公開艦艇なのか?(違いました) 国旗掲揚のラッパを聞き、佐世保駅の自転車駐輪場で金目の物をなるべく取り外し、SPDクリートも外し、見学に不要な物は駅のコインロッカーに預け、トイレも済ませた。 ここも舞鶴と同様自転車も進入禁止だろうし、佐世保駅のコインロッカーやトイレを利用できるメリットを活かした方が良い。

16102-04.jpg
公開艦艇は多用途支援艦あまくさでした。佐世保らしい名前の艦ですね。 甲板上を見学し、内火艇の定期検査実施記録のプレートとか総員離艦安全守則(作業手順書みたいなもの)のプレートとか、各扉に整備責任者の書かれたネームプレートを見てニヤニヤしてると 「あなた見送りの方ですか?」 と声を掛けられる。 ”も” ってどういうことなのかと聞くと、ひゅうがが佐世保を離れるので、乗務員の家族の方がこんなふうに倉島岸壁から・・・ そういう話も面白いですね。

16102-05.jpg
って、あれか。 先週の舞鶴サイクリングで見損ねたと思ってたが遠目でも見れて良かった。タグボートに後ろ向きに引かれ、適当な場所で回転させられ、そこからは自力で佐世保湾内をゆっくりと出ていく雰囲気で、もう1隻の出港待ちをしてるのか?

16102-06.jpg
もう1隻も適当な場所へ引っ張られ

16102-07.jpg
回転させられ

16102-08.jpg
あれ? 様子が違うぞ

16102-10.jpg
こっちキタ!

16102-12.jpg
ここまで見学してから倉島岸壁を離れて佐世保駅へ戻る。

ぷらっと舞鶴

タイトル詐欺のような気もしますが舞鶴へ行ってきた(笑) 午前8時の護衛艦の国旗掲揚に間に合わせるようにすると自宅を午前1時出発なのか? 最寄りのコンビニで食事と補給食を調達して夜間ライド。夜間は信号の繋がりが恐ろしく良くて、若狭で国道27号を走るまでほとんど信号停止が無かった。 2時に滋賀県入り、3時にS木之本通過、4時にS南新保通過、5時前に国道27号合流といったとこで・・・多少の追い風基調を加味してもグロスの平均速度がヤバイことになってた。


161016-01.jpg
大飯に入ったあたりで月と青戸の大橋(大飯原発へ行く橋)を記念撮影をする。 先を進むと道路を横断する怪しい影が・・・お婆さんが道路横断してた。これが切っ掛けにスイッチがオフになったので、お婆さんが渡った先の道の駅っぽい施設でトイレを済まして東舞鶴駅までまったり走行。 東舞鶴駅には6:30頃に到着。駅に天津風のPOPが無いことを確認して近くのコンビニで朝飯を買い込んでから移動。


161016-02.jpg
北吸桟橋近くの陸橋でまったりと時間を潰そうとするも、警備上の問題から樹木を植えてたりするのかもしれないが、写真撮影するにはイマイチでウロウロしてると怪しい看板を見つける(笑) コレだ! とりあえず登ってみる。


161016-03.jpg
161016-04.jpg
国旗掲揚前と後。 2時間後には奥の船が手前の桟橋に接岸するのか? とても信じられないが・・・ここで見学するには2時間は長すぎる。


161016-05.jpg
舞鶴へ行くとTwitterに流してたら観光スポットの反応もあったようだし、そうだ 五老スカイタワー、登ってみよう! って国道を逸れてから3kmほどの登りは暇つぶしに走るにはきつ過ぎ。展望台に上がって、降りて、北吸桟橋に戻って9時40分くらい。 自転車はこっそりと敷地内に入れるかと思ってたが、自転車も赤レンガパークに停めてとのことで、駐車場からそれなりに歩くことになった。SPDシューズにしておいて正解だったなと。


161016-07.jpg
この日に桟橋から見学可能な艦は「せんだい」「はやぶさ」「うみたか」など。 で、戻り際に自転車が敷地内侵入禁止な理由を推測しつつ駐輪場でも眺めようかとして・・・あれ、なにこの順番? と。 門の手前が有力艦で、奥に従って・・・最後は司令部要員というか施設員といったところ。 ネームプレートの留め具が片方落ちてたり、「せんだい」のネームプレートが無かったり、、、こういうところがしっかりしてないのは我が社だけじゃないんだ(笑)と安心した。

161016-10.jpg
161016-11.jpg
161016-12.jpg
161016-13.jpg
桟橋に見える範囲では「せんだい」だけアルミ製リヤカー(3台中で備品管理番号のテプラがあるのは1台のみ?)だったり、各艦長の自転車置き場は向かって左側だけど、その直ぐ左隣は他艦の(おそらく)下っ端になるだろうから階級的にどうなのかとか、樹木それぞれに管理番号札が括り付けてあたり・・・普通に工場見学的な意味でも面白い。 残飯置場の建屋もあった。


161016-14.jpg
この後、舞鶴遊覧船乗り場へ急ぐ。SPDシューズで本当によかった。 ギリギリだったせいか、11時出発の便は見学者が大入りだった。

161016-15.jpg
舞鶴クレインブリッジ

161016-16.jpg
「みょうこう」は2番ドック入り

161016-17.jpg
「あたご」も何らかの工事中。 「ひゅうが」は何処かへ行ってるみたいで、、、大型艦はなんやかんやで用事があって、旧駆逐艦の名を襲名した護衛艦が雑用をこなして「せんだい」が見世物役とか4コマ漫画でありそうな展開だなと(笑)



161016-18.jpg
赤レンガ内の飲食店でカレー大盛りを注文して舞鶴を出発。 復路はずっと向かい風基調で、大飯の道の駅でトイレ休憩、熊川宿近くの喫茶店で気になる看板を見つけておやつ休憩。 往路と違って休憩回数が多い。

161016-19.jpg
鯖サンドらしい。 これを食べた直後に向かい風の中を滋賀県境へ向かって登坂し、夕方の国道8号の交通集中に飽き飽きしながら帰宅。復路は7時間くらいかかったが、甘目の想定よりは早かった。 舞鶴は近いようで遠くて0泊1日で護衛艦見学もやるにはギリギリのスケジュールみたいだ。
DIST 291km





あきの安芸灘一周サイクリング(後編)

駅前のホテルにチェックインし、洗濯と風呂を済ませてから夕飯はお約束の呉海自カレーにした。 りゅうのソードドラゴンカレー(潜水艦けんりゅう)ですね。
161009-20.jpg




翌日は大和ミュージアム見学。一般的な写真は色々なブログ等に掲載されているはずなので、気になった変な写真を載せてみる(笑) 戦後の市民生活をテーマにしたエリアだったと思うが、これは紙芝居を載せた自転車。 スタンドの形状は現代とほとんど同じか? ぱっと見ブレーキが前後連動っぽいが、よく見るとハンドル中央部で左右(ブレーキの前後)が独立している。前輪はカンチブレーキっぽくて後輪はドラムブレーキ。ブレーキシューの取付向きやシューがリムにあたる面が現代とは違う様子などなど興味深い。
161010-05.jpg
161010-06.jpg
161010-06.jpg

写真のタイトルを二度見した(笑) タイトル通りならば水面下に何らかの物があるというか、潜水艦と水上機を合体させたような構造か? 琵琶湖でやってる鳥人間コンテストみたいなイベントがあるのかも気になる。
161010-09.jpg


次にてつのくじら館見学。そうりゅう型のとってつけたような図はなんだ(笑) 広報予算がなくて10年近くこの状態なのかと邪推する。
161010-15.jpg

写真上と右上は米軍が描いたかソレのコピーで、写真左下のアザラシっぽいペイントは自衛隊で描いたものか? こういうところからも ”ゆるキャラ” が各地で発生する下地があるのだなと。萌えキャラも売店にあった。 ここの売店ではポンチョや合羽みたいなものは無いかと物色していたが・・・土産売り場には無いようで、兵学校や購買部では売っているのか気になった。合羽は2~3年毎に適当な物を買い替えるのがコストパフォーマンス的 (サイクリング強度に耐えられる透湿・防水性 と 値段 と 途中で捨てても良いような扱い) に具合が良く、ネタ半分で買うなら自衛隊向けの合羽かなと思ったが。
161010-14.jpg

早めの昼御飯もここでカレー。 ここのカレーは呉海自カレーのシールラリー対応店では無いが、何食も食べて景品を狙えるわけじゃないし・・・昨夜も潜水艦ネタのカレーなら、今日も潜水艦ネタのカレーだろと。
161010-19.jpg

帰りの電車の都合から湾内クルーズや他の歴史記念館へは足を伸ばさず、大和ミュージアムの駐車場&土産売り場の呉マリンで会社向けの政治色の薄い土産を物色してから呉を離脱。最終日の輪行終了までは汗臭い恰好はしたくないなぁと考えると、こういうプランとなった。


今回のルートは、サザンセト・しまなみ海道・さざなみ海道・かきしま海道をまとめて走るという・・・贅沢な?ルート。適当に検索するとこんな計画もあるらしいが、ネックは伊保田~三津浜の船便の数と広島~宮島の道路事情だと思う。夜のしまなみ海道や、夜のさざなみ海道は宿に泊まれば回避可能だが。
652x521x62230ae580816cfd7ee0d15c.jpg
引用元)
瀬戸内海沿いを走る!広島県のサイクリングスポット「さざなみ海道」情報まとめ o孕o三
http://matome.naver.jp/odai/2136439534835123801


出所)広島県海の道プロジェクト・チーム作成
プロフィール

14

Author:14
ブルベ、クリテ、バンク。ケイデンスを上げて走るのが好き。遅いけれど。ブログの文字フォント等の体裁はブルベシーズンが終わってからぼちぼちと…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。